lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤との闘いをコーギーに癒され暮らしています。鹿島アントラーズの応援と読書に人生の全てを掛けている40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2021年J1第14節・鹿島VS 横浜FM戦!上位進出には絶対に負けられない!!4連勝して猛追だ!!!~



2020年5月15日、鹿島アントラーズはカシマスタジアムに横浜FMを迎え、2021年J1リーグ第14節を戦います。

先週日曜のFC東京戦から中2日でアウェイ名古屋戦を戦い、さらに中2日でホーム横浜FM戦となります。

一方の横浜FMは、先週日曜にホームで神戸と戦い2-0で勝利し、中5日の万全の状態でカシマスタジアムに乗り込んできます。

しかも、相手は上り調子で今シーズン僅かに1敗していません。

上位陣へ肉薄するためには、厳しい戦いになるとは思いますが、勇気を持って前に出て勝たなくてはなりません!

今季、鹿島はまだタイトルを諦めていないことを示すためにも、絶対に負けられない戦いとなる、2021年J1第14節・鹿島VS 横浜FM戦を前に思うことをまとめます。

 

2021年J1第14節・鹿島VS 横浜FM戦の予想スターティングメンバー

相馬監督は、3点獲って快勝したFC東京戦から中2日で迎える名古屋戦を、勝っているチームでも敢えてメンバーを交代して挑み、名古屋に3-0で完勝した。

よって、中2日で迎える横浜FM戦のメンバーは、休養十分のFC東京戦のメンバーに戻りそうだが・・・さて、相馬監督はどんな布陣で戦うのでしょうか?

予想が難しいですが、誰が出ても鹿島は鹿島を継続して勝利して欲しいと願う
VS 横浜FM戦の予想スターティングラインナップ・・・。 

f:id:lands_end:20210514153620p:plain

2021年J1第14節、対横浜FMの鹿島の予想スターティング

2トップ上田と土居
上田の腕の状態はほぼ万全と思うので・・・

2列目は、左に白崎、右に荒木
白崎は名古屋には帯同もしていないので奮起して欲しい!

ボランチは、レオと三竿
レオは名古屋戦は完全休養しているので気合十分のはず!

SB左に永戸、右に常本
名古屋戦での杉岡の活躍は、永戸にとって刺激になっているはず。
休養は十分のはず、90分走り回って欲しい!
問題は右SBだ・・・広瀬か、常本かで悩むが、ここは勢いを買って常本で!

CBは、犬飼と町田
急速に安定感を増しているこの2人に託しましょう。
横浜FMの守備も固いので、FKやCKのチャンスでは得点を狙って欲しい!

GK

名古屋戦のように被シュート0本はないはずです。
集中して最後の砦になってくれ!

カイキやエヴェラウドはまだプレー出来ないのか?
ピトゥカはベンチには入れるのか?
無双状態になりつつある小泉の出番はあるのか?

メンバーを妄想するのが楽しみになってきました。

 

対戦相手の「横浜FM」について

Jリーグ開幕時の10チームで、鹿島と横浜FMだけがJ2へ陥落したことがなく、それゆえに両社の戦いはクラシック等と銘打って横浜も盛り上げてくれます。

実際、横浜のホームでやる時は、かなりカッコイイポスターが日産スタジアム周辺の駅で掲示されているので、いつも「剥がして持っていきたい衝動」にかられます笑

オリジナル10の同士である横浜とは、長年に渡って戦いを繰り広げてきましたが、あまり悪い印象は無い。
もしも・・・、あくまでももしもだが、鹿島以外のチームに優勝されるのなら「横浜FM」なら百歩譲って目をつぶって耐えることは出来る。
とは言え、試合に負けていいはずはありません。

ホームでは絶対に負けられません!

 

2020年度リーグ順位と成績

鹿島・・・   5位/勝点59 18勝5分11敗  55得点44失点
横浜FM・・ 9
位/勝点47 14勝5分15敗  69得点59失点

2019年には優勝したが、翌年は9位にダウンした。
ただ、得点は88得点の川崎Fに次いで69得点とリーグ2位だった。

 

2021年度リーグ第141節開催前の順位

横浜FM・・ 3位/勝点27 8勝3分1敗  25得点8失点
鹿島・・・   7位/勝点21 6勝3分4敗  20得点13失点

※横浜FMは12試合消化、鹿島は13試合消化。

 

 

ここまで僅かに1敗です。
首位の川崎は16試合消化で勝点42/13勝3分0敗 41得点 12失点

仮にマリノスが未消化の4試合を全て勝つと勝点39・・・
ほー
川崎独走かと思ったら、意外とそうでもないのね。

 

2021年の横浜FMの印象

2021年の横浜FMは数字上では守備が大幅に改善されている

14試合で5失点の鳥栖は異常ですが、横浜FMは次点の2位です。
ちなみに川崎Fは16試合で失点12です。

横浜FMが優勝した2019年は得点は断トツでしたが失点もかなりしていました。
まさに打ち勝って優勝した印象でしたが、今年は点は相変わらず獲るけど獲られないチームに変貌したようで・・・

2021年はストップ・ザ・川崎Fの一番手になっているようです。

リーグからすると、川崎に独走させないためにも横浜に勝って欲しいと思っているでしょうが・・・

そういう時に勝つのが我がアントラーズです!

 

2021年の横浜FMの戦力について

2020年シーズンで13得点をしたエリキとサントスが退団したので、間違いなく得点力は落ちるでしょうね~
マルコスは孤軍奮闘するだろうが、前田やオナイウがもの凄い覚醒することはないだろうね~
と勝手に思っていました。

どうもすいません。
オナイウは8得点、前田も8得点・・・
点取り屋の2人は抜けたけど2列目から後ろは連携が熟成されているので、それほどマイナスにはなっていないのかな?と言う印象です。
失点が少ないのも、チームとして守れているからかも知れません。

それから新加入のエウベルと言う選手が気になります。
今のところ、得点やアシストはそれほど驚異的な数字は出ていませんが、常に攻撃には絡んでいる感じがして・・・何かを掴むと手が付けられなくなりそうです。

一方の守備面では、畠中とチアゴの2CBはますます固くなり手強そうです。

ただし、強いて狙い目を探すなら両SBでしょうか?
ティーラトン、高野、小池、松原に加えて大分から移籍した岩田と5人が争っているようで、固定されていません。

固定出来ないほど良い選手ぞろいなのか?
それとも、みんな固定できるほどずば抜けた選手がいないのか?

後者であって欲しいです。

マリノスで誰かひとり徹底的に封じ込めるなら・・・
今年は扇原選手ではないかと思います。
とにかく前向きにパスを出させないくらいにタイトに食らいつくのが必要なので、レオに任せると言う手もありますね。

 

 

鹿島アントラーズと横浜FMの全対戦戦績

これまで78試合の対戦があります。
鹿島  39
横浜FM  26勝
引分  13

鹿島からみて125得点、106失点です。
全対戦成績では鹿島勝率が50.0%です。

勝率50%を下回らないようするためにも、勝利しなくては!

 

直近3年の成績9戦:5勝1分3敗(カップ戦3試合含む)
と勝ち越していますが、いつも際どい試合が続いています。

互いにホームでは意地を見せあっていますので、明日の試合は気持ちで勝つしかない! 

 

2020年度の対戦に関して

昨年はここ数年苦手にしていたアウェイで勝ち、シーズンダブルを達成しています!

 

 

2020年J1第6節(ホーム)

リーグ戦開幕4連敗、公式戦は6連敗・・・どん底のスタートだった鹿島でしたが、2019年優勝のマリノス4-2と快勝して一息つきました。

ハイライト動画を含む記事はこちらから↓

www.road-to-landsend.net


2020年J1第31節(アウェイ)

マリノスのホームでは3年連続で敗れており、この試合も前半30分で0-2と追い込まれましたが、上田、エヴェラウド、遠藤とスーパーなゴールが3発も飛び出して逆転勝利を収め、狂喜乱舞した記憶があります。

ハイライト動画を含む記事はこちらから↓

www.road-to-landsend.net

 

 

まとめ

 

「鹿島やばい」
「完全に息を吹き返した」

上位陣にそう思わせるためにも勝つしかありません。
試合終了の笛がなるまで、トコトン勝ちに拘ったプレーをして欲しいです。
 

勝ってこそ!
勝ち続けてこそ鹿島!
勝ってくれ、アントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク