lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤との闘いをコーギーに癒され暮らしています。鹿島アントラーズの応援と読書に人生の全てを掛けている40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2024年J1第18節(引分)鹿島VS 新潟戦!藤井に心からのエールを!!~

2024年6月17日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにアルヴィレックス新潟を迎え、5連勝を掛けて2024年J1第18節を戦いました。

新潟は前節、首位の町田を叩いてくれた感謝すべきチームだけど、今節は絶対に勝たないといけない相手で・・・

でも、多くの識者が「簡単な相手ではない」と発信しているので、少しでも力になれればと思って、息子を誘って(ハラミメシで釣った)スタジアムに駆け付けました。

試合は・・・
新潟は確かに上手かったけど、それ以上にアントラーズの選手の動きに違和感が多く、最後まで「爽快感」を伴う波状攻撃を繰り出すことが出来ぬまま終了となりました。

負けなくて良かった・・・
とも言えるし

こういう試合をしぶとく勝ってこそ・・・
とも言えるし

何とも言えない気持ちで帰路に着きました。

5連勝は叶わなかった2024年J1第18節(ホーム)鹿島VS新潟戦の記録を残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年天皇杯2回戦(勝利)鹿島VS 奈良クラブ戦!柴崎岳の凄みと1人の若鹿デビュー!!~

2024年6月13日、鹿島アントラーズはカシマスタジアムに奈良クラブを迎え、2024年天皇杯2回戦を戦いました。

シーズンが始まって3か月が過ぎ、最近ではチームとしての戦い方が浸透した結果、スタメンでプレーしている限りは「簡単には負けない雰囲気」が漂い始めた鹿島ですが、どうしても選手層の薄さがこれから訪れる夏を乗り切れるか不安にさせるので、天皇杯の序盤戦はとても大切だと思っていました。

だから、どこまでメンバーを変えてくるのかと期待と不安でドキドキしながら観戦しましたが、結果は、スタメン組も惜しみなく投入した鹿島が、点差は僅かでしたが「内容では圧倒」して勝利を収めました。

2024年天皇杯2回戦(ホーム)鹿島VS奈良戦の記録を残しておきます。

続きを読む

BHAFC~2023-24プレミア!ブライトン7年目のプレミア終了!野戦病院の1年間でした!!~

ブライトンの7年目のプレミア航海が終了しました。

2017-18シーズンからプレミアに参戦したブライトン。

苦労を重ねながらしぶとく生き抜いたチームは、
昇格から僅か6シーズン目にしてEL出場権を手にしました!

しかも三笘が大活躍して日本でもブライトンが大人気に!!

20世紀末のどん底だったチームを、現地で応援したことがある自分としては、信じられないと言うか、嬉しいと言うか、誇らしいと言うか、色んな感情が沸き上がる中で迎えた7年目のシーズンでした。

シーズン終えて頭に浮かぶのは、このワードしかありません。

野戦病院

正直、2023-24シーズンのブライトンほど、このワードが当てはまるチームは記憶にありません。

ブライトンのプレミア7年目の記録とシーズンの感想をまとめておくとします。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第17節(4連勝)鹿島VS 横浜FM戦!樋口のキックが戻ったぞ!!~

2024年6月1日、鹿島アントラーズは国立競技場に、オリジナル10の同期としてJを盛り上げてきた横浜FMを迎え、2024年J1第17節を戦いました。

5月は序盤の山だ!
と、選手もサポーターも気合を入れて挑んだ結果、ルヴァンは町田に敗れて敗退したものの、リーグ戦はなんと無敗!で走り切りました。

この勢いを切らさないで欲しい・・・
昨年ダブルを喰らった広島、神戸に勝ったのだから、マリノスも打ち破って欲しい!

そう願っていたら、最高の勝ち方で、首都の空にオブラディオブラダを響かせてくれました。

2024アントラーズの歩みに手応えを感じる一戦となった
2024年J1第17節(ホーム)鹿島VS横浜FM戦の記録を残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第16節(勝利)鹿島VS 札幌戦!縦パス一本に思わず声が出た!!~

2024年5月25日、鹿島アントラーズはコンサドーレ札幌のホームに乗り込み、2024年J1第16節を戦いました。

5月は序盤の山だ!
そう思っていたが、苦手意識のあった広島と神戸に連勝!
しかし、町田には敗れてルヴァンは早くも敗退となってしまった。

何とも形容しがたい状況の中、中2日でアントラーズの選手は北の大地へ。
ここで勝つか、引きずって負けるか・・・。

相手は今シーズン守備が崩壊気味の札幌とは言え、札幌の監督は鹿島を良く知るミシャ監督・・・。

少々、不安を抱えながらの観戦となりました。

前半、「札幌のプレーは荒過ぎないか?」そう思ってイライラが募る中、前半終了間際に、鹿島が札幌ゴールをこじ開けると、あとは、順調に点を重ねて終わってみれば快勝劇でした。

札幌戦のハイライトは
「お金を払ってでも見たいプレーがある!」を再認識できたことです。
2024年J1第16節(アウェイ)鹿島VS札幌戦の記録を残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年ルヴァン3回戦(敗退)鹿島VS 町田戦!前を向くしかない!!~

2024年5月22日、鹿島アントラーズは町田ゼルビアのホームに乗り込み、2024年ルヴァン3回戦を戦いました。

リーグ戦で負けた相手に、そうそう何度も負けるわけにはいかない!
選手も監督もスタッフも、そしてサポーターも、気合を入れて挑んだ町田戦。

本当に、本当に、悔しい・・・

誰が出ても~の名言を奪われる結果となってしまいました。

ショックで悶々としているのですが、リーグ戦が迫っているので、2024年ルヴァン3回戦(アウェイ) 鹿島VS町田戦の記録だけ残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第15節(勝利)鹿島VS 神戸戦!勝利がチームを強くする!!~

2024年5月19日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムにヴィッセル神戸を迎え、2024年J1第15節を戦いました。

天王山と称される試合は年に何度か訪れるもので、第15節のホーム神戸戦は、そんな試合の1つでした。

鳥栖戦の大敗の後、5試合負けなしで調子を維持している鹿島。
序盤戦の不調の後、4連勝で首位に躍り出た神戸。

2023年シーズンにおいては、鹿島はホームで、しかもジーコが見守る中で、1-5の無残な敗戦を喫しましたし、アウェイでも力負けを喫していました。

そして鹿島はホームで神戸に2012年以降勝てていない・・・。

自分達の進化に自信を持つためにも・・・
そして悲願のタイトル奪還のためにも・・・
負けられない一戦となった2024年J1第15節(ホーム)鹿島VS神戸戦の記録を残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第15節(試合前)鹿島 VS 神戸戦!そろそろホームで勝ちましょか!!~

2024年5月19日、鹿島アントラーズはカシマスタジムに首位のヴィッセル神戸を迎え、2024年J1第15節を戦います。

2012年以降、カシマスタジアムでは神戸相手に勝利を手にしていない。
ここ数年、神戸戦が近づくとこの事実を思い出し、不思議な気持ちになる。

だって、2022年までの神戸には、それほど苦手と言う感覚がなかったから。

でも、事実として勝っていないので、何かしらの巡り合わせの悪さがあるのは間違いないのでしょう。

そんな相性が悪い神戸ですが、今年は何としても叩かないといけない。

2023年の5失点の屈辱のリベンジもあるし、首位を追うチームとしては直接対決、しかもホームで負ける訳にはいきません。

シーズン序盤の低空飛行から復調して4連勝中の王者を倒してこそ、「2024年のアントラーズは一味違う」と他チームに思わせることが出来るはず!

2024年J1第15節 鹿島VS 神戸戦を前に想うことをまとめておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第14節(勝利)鹿島VS 広島戦!凄いよ海舟!!惚れるよチャッキー!!!~

2024年5月15日、鹿島アントラーズサンフレッチェ広島のホームに乗り込み、2024年J1第14節を戦いました。

前節のヴェルディ戦の衝撃はそう簡単には癒えないと思っていました。
でも、選手や監督は、やっぱりプロだ。

忘れ去るんじゃなくて、払った高い代償を、しっかりと血や肉にして広島戦の勝利に結びつけました。

改めて・・・
やっぱりアントラーズの選手は素晴らしいなぁ~と実感しました。

私はストレス耐性が低いので、前半の終盤から後半の終盤まで、ほぼ30分近くに渡って胃がキリキリと痛み、息も絶え絶えになっていました。

前を向いて戦い続ける選手達が素晴らしかった2024年J1第14節(アウェイ)鹿島VS広島戦の記録を残しておきます。

続きを読む

ジーコと共に~2024年J1第13節(引分)鹿島VS V川崎戦!3得点からの3失点!!笑顔が渋面に!!!~

2024年5月12日、鹿島アントラーズはカシマスタジムに昇格組のヴェルディを迎え、2024年J1第13節を戦いました。

試合の2日前にジーコがチームに合流。
試合前にはジーコラモスの対談。
16年ぶりにカシマスタジムに響くヴェルディの応援。

負けられない一戦。
三つ子の魂百までではないが、あの時の屈辱は、何度勝っても晴れない!

とばかりに試合前からヴェルディとの対戦をクラブは盛り上げました。

そんな雰囲気が、アントラーズを後押ししたのか・・・
そんな雰囲気が、ヴェルディを委縮させたのか・・・

終盤まで3-0と快勝ムードでしたが、終わってみればまさかのドロー。

スタジアムまで足を運べず、Daznでの観戦になったのですが、日が経っても未だに敗戦の痛みから抜け出せません。

GWの3連勝の喜び吹き飛んでしまった
手痛いドローの2024年J1第13節(ホーム)鹿島VS V川崎戦の記録を残しておきます。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク