lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤との闘いをコーギーに癒され暮らしています。鹿島アントラーズの応援と読書に人生の全てを掛けている40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2021年ルヴァンカップGS第5節・鹿島VS アビスパ福岡戦!スンテとピトゥカを観たくてスタジアムへ行った!!~



2020年5月5日、鹿島アントラーズはカシマスタジアムへアビスパ福岡を迎え、2021年ルヴァンカップGS第5節を戦いました。

アントラーズが公開したオフィシャルアプリにスンテ選手の記事が出ていて、それを読んだら無性に彼のプレーをこの目で見ておきたくなり、はるばるスタジアムまで遠征することにしました。

思い切って遠征した甲斐あって、スンテ選手はスタメン出場、しかもピトゥカ選手もスタメン出場で、最高でしたが・・・

勝てば文句なしのグループリーグ突破なので、勝って欲しかった。

色々と、今の鹿島の課題を感じられた2021年ルヴァンカップGS第5節・鹿島VS アビスパ福岡戦の結果をまとめておきます。

 

2021年ルヴァンカップGS第5節・鹿島VS アビスパ福岡戦の試合結果、及びスターティング&交代メンバー

鹿島 1-1 福岡
    前半24分 ジョン マリ
前半31分 白崎 凌兵

  

スターティングと交代メンバー

GK 1 クォン スンテ
DF 5 杉岡 大暉
22 広瀬 陸斗 ⇒後半30分32 常本 佳吾
23 林 尚輝
33 関川 郁万
MF 6 永木 亮太
21 ディエゴ ピトゥカ ⇒後半45分34 舩橋 佑
25 遠藤 康 ⇒後半45分28 町田 浩樹
37 小泉 慶
FW 19 染野 唯月 ⇒後半11分27 松村 優太
41 白崎 凌兵 ⇒後半30分7 ファン アラーノ

 

この試合を観戦しにいった目的であるスンテ選手とピトゥカ選手の両方のプレーをタップリと見れたことは良かった。

 

それにしても・・・
前の選手が居ないよなぁ。

 

2021年ルヴァンカップGS第5節・鹿島VS アビスパ福岡戦の動画ハイライト

勝って欲しかったし、もう少し何とかして欲しかった。
でも、今の戦力ではこれが精一杯だったのかも知れない。

前に一人、ボールを収められる選手がいればなぁ。

 

2021年ルヴァンカップGS第5節・鹿島VS アビスパ福岡戦の試合内容と感想

やはりどう考えても今年はフロントの編成ミスと思う。

必要なポジションに選手が足りてない気がします。

 

前半総括:スンテのミスとCBの甘さと

試合開始に合わせるように雨が降り始め、風も強く、少し肌寒いピッチだった。
開始直後、ピトゥカのロングパスの精度にスタジアムからどよめきが上がる。

嬉しいような・・・ちょっと前のアントラーズなら普通のことだったような・・・。

前半24分 CBの裏に出たパスの長さとスピードの目測を誤ってスンテが飛び出し、敢え無く失点。あれは、CBの対応の拙さもあったけど、完全にスンテのミスだ。

前半31分 遠藤と白崎のお洒落なプレーで鹿島が同点に追いつく。

その後も鹿島の守備がピリッとしない。
度々、危険なシーンを作られる。

前半終了間際、FKでの対応でスンテが林に激怒!
確かに、負けちゃいけないところで負けていた。

ガッツリ起こった後に肩を抱いて引き上げる姿が優しい。

 

後半総括:スンテのセーブが無ければ負けていた

鹿島の攻めは時々「おっ!」と思わせるシーンもあるが決定機まで至らず。

一方、鹿島の守備は度々「あっ!」と思わせる危ないシーンを作るも、スンテのセーブで助けられる。

時間だけがゆっくりと過ぎていき・・・

 

試合終了:この面子でも勝って欲しかった

相馬監督の采配をどうこう言えるメンバーではない。

 

スンテ!やっぱり貴方は鹿島に必要だ!!

一番観たかったスンテ選手のプレーを90分楽しめたのは良かった。
失点はスンテのミスであり、正直ちょっと心配したが、引きずることなくプレーをする姿に安心しました。

f:id:lands_end:20210507135815j:plain

スターティング発表

スンテは序盤からチームに何度も声を掛けていた。
「上げろー」
「クリアー」
「もっと大きな声で(おそらく)」

特に、最後の「大きな声(またはハッキリ話して)」がスタジアムに響いたとき、サポーターから拍手が起きた。

その時、これが今のアントラーズに足りないところだと思った。

遠藤の技術は相変わらずだった。
白崎の嗅覚も衰えていない。
小泉のファイターぶりは益々頼もしい。

でも・・・
チームを叱咤し鼓舞する声は、スンテ以外からは聞こえなかった。

リーグ戦でのGKは沖だと思うが、リーグ戦でもスンテには声を出して欲しいと思いました。

 

ピトゥカは本物だ!

間違いない。
サントスで主力を張っていたのだから当たり前だけど、彼の才能はぴか一だ。

f:id:lands_end:20210507135906j:plain

スターティング発表時に写真を撮ってる人が多かった

常に周囲を見ているからこそ、パスが来たときの対応が早い。
パスの精度が素晴らしい。
ここぞの時の攻守の動きは効いていた

多分、コンディションが上がればもっとやってくれる。
エヴェラウドと上田が前線に居れば得点は増えるだろう。

ただ、この日のプレーを観る限りでは、点取り屋ではなさそうだ。
レオシルバのようなボール回収者でもなさそうだ。

そう感じました。

まだまだこれからどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです!

 

2021年のアントラーズが足りないもの

この日の観戦が、2021年のスタジアム初詣ででした。
エヴェラウドや上田、三竿やレオ、土居も荒木も犬飼も出ていないチームでしたが、今年のアントラーズが苦戦している理由を何となく感じました。

1つはベテランや中堅に「引っ張り役がいない」
もう1つは「守備の脆さ」です

先にも触れた通り、遠藤や白崎、永木が、個々のプレーは流石と思わせるものがあるが、年齢的にも経験からもチームを鼓舞して引っ張らないといけないのに、それが出来ていない。

この日は見ていないが、土居や犬飼も画面で見る限りは出来ていない。

「明らかに血を繋げていない」

 

それから守備の問題は深刻に思った。

シーズン序盤、犬飼と町田の2CBが安定せずに関川を待望する声が多かったが、この日の彼のプレーを観る限り、彼はレギュラーには程遠い。

まずパスが雑だ。
そして判断が遅い。

元来のフィジカルだけで何とかしようとしている。
成長を感じませんでした。

この日の相棒だった林の方が可能性を感じました。
ただ、如何せん経験値が足りないので、まだ評価は難しい。

関川が成長しないのは、本人の自覚の問題もあるのかも知れませんが、現レギュラーの存在もあるように感じます。

超えたくなるような壁に、犬飼や町田はなっているのかな?
そう感じました。

 

とにかく、余りにもアッサリと裏を取られたり、真ん中を抜け出されるシーンが多くて、チームとしても守れていないと感じました。

 

今後の鹿島について

 

エヴェラウドはまだ試合には出れないのか?
カイキはどうなのだ?

正直言って、染野1トップは荷が重すぎると思う。

 

鹿島アントラーズの今後の試合予定

  • J1第13節 5/9(日) 17:00 ホーム VS FC東京
  • J1第21節 5/12(水) 19:30 アウェイ VS 名古屋
  • J1第14節 5/15(土) 15:00 ホーム VS 横浜FM
  • GS第6節 5/19(水) 19:00 アウェイ VS 札幌
  • J1第15節 5/22(土) 14:00 アウェイ VS 鳥栖
  • J1第16節 5/26(水) 19:00 ホーム VS C大阪
  • J1第17節 5/30(日) 19:00 アウェイ VS 川崎F
  • 2回戦 6/16(水) 19:00  VS 対戦相手未定(Ksスタ)
  • J1第18節 6/20(日) 17:00 ホーム VS 仙台
  • J1第19節 6/23(水) 19:00 アウェイ VS 大分
  • J1第20節 6/27(日) 18:30 ホーム VS 札幌
    ※ル=ルヴァンカップ、天=天皇杯

 

日曜のホームFC東京、中2日でアウェイの名古屋、中2日でホーム横浜FM。
この3試合が、相馬監督にとっても試練の3試合になると思います。

現状のメンバーで、どういう布陣を敷き、どういう戦い方を選択するのか?

楽しみでもあり、不安でもあり・・・。 

 

まとめ

 

久々にカシマスタジアムを訪れて思ったのは、ここが故郷だということ。
スタジアムに入り、座席に座り、スタジアムに包まれたら、とても安心しました。

このチームと共にどこまでも歩む決意を心新たにしましたが、やっぱり、強いアントラーズであって欲しいです。

攻撃陣の早期復帰を願います!
 

5月の試練の3連戦、3連勝を目指して!
一丸となって応援するしかありません!!

行け!アントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ! 

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク