lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に ~2017年J1第13節 鹿島 VS G大阪戦 振り返り~



2017年7月5日、ACLの関係で順延されていた2017年J1リーグ第13節が開催されました。
ACL出場の鹿島とG大阪、浦和と川崎Fの2試合が行われました。
この2試合で全チーム17試合を消化となり、シーズン34試合の折り返しとなります。

鹿島は見事に勝利して、折り返しで首位に立つことが出来ました。
昨日の鹿島とガンバ戦を振り返り、思う事をまとめてみます。

 

鹿島 VS G大阪の試合結果とスターティングメンバー

鹿島  - 0 G大阪

スターティングメンバー
GK 21 曽ヶ端 準
DF   3 昌子 源
   16 山本 脩斗
   20 三竿 健斗
   22 西 大伍
MF  4 レオ シルバ
  13 中村 充孝→後半31分 伊東 幸敏
  25 遠藤 康→後半42分 永木 亮太
  40 小笠原 満男
FW 7 ペドロ ジュニオール→後半15分 土居 聖真
  33 金崎 夢生

スタメン予想を3つ作りましたが、予想1と同じになりました。
でも、ネットの予想と一緒なので、あまり嬉しくない。

ただ、ブエノをメンバーに入れるかも知れないと言う予想が当たったのはちょっと嬉しいです。もっとも、レアンドロを外してとは思いませんでしたが・・・。

 

鹿島 VS G大阪 の試合の感想

現地で観戦できず、DAZNでの観戦となりました。
90分通して観戦し、感じたことをまとめます。

 

前半、ガンバのペースだと思いました

試合前の予想で、ガンバに機動力を使わせずにスローペースに持ち込めるかが鍵ではないかと書いたのですが、前半はガンバのペースだったと思います。
とにかく展開が速く、かなり攻め込まれていました。
ガンバの前線に決定力の高い選手がいたら、失点していたかも知れません。

それと、これだけ走らされると中2日のダメージが後半襲ってきて、鹿島は動けなくなるのではないかと危惧していました。

 

ペドロ!本当に調子がいいのね!!

前半10分、ペナルティエリア右からドリブルで侵入し、シュートしたシーンを見て思いましたが、本当に乗りに乗ってますね。
残念ながらシュートは決まりませんでしたが、ガンバにペドロを警戒させる良いチャレンジだったと思います。

 

中村!それは決めて!!

前半31分、右サイドの西からアーリークロスがゴール前に出ました。
タイミングよく走りこんだ中村がフリーでシュートしますが、GKの正面に!
あれは決めて欲しいです!
少なくとも、GKの正面は外して欲しいです。
反省してください。

 

後半、ガンバにも疲れが・・・

ハイライトシーンをみたら判ると思いますが、前半はガンバの攻撃のシーンばかり流れます。それくらい攻められてました。
後半も引き続きしんどい時間が多いのかな・・・と思っていたのですが、前の試合から中3日のはずのガンバの選手の方が、運動量が先に落ちたように思います。
井手口とかは変わらず走ってましたが・・・。

 

小笠原の絶妙なパスと遠藤の絶妙なチップシュート

後半10分、絶妙な位置と力加減のスルーパスを小笠原が繰り出し、遠藤が得意の左足でフワッと浮かしてゴール右隅に流し込みました。

前節もスーパーゴールが出ましたが、今節もスーパーゴールが生まれました。

やっぱりプロは凄い!
そう思わせるプレーでした。

 

最後のCKでは心筋梗塞になりかけました

ガンバは前節の仙台戦でアディショナルタイムに勝ち越しているので、一抹の不安を感じていました。
早く終われ、無難に試合を終わらせろ~と願っていたのですが・・・
ロスタイム3分の最後のプレーがガンバのCKとなりました。
蹴るのは途中出場の遠藤・・・。
すでに蹴る前から呼吸困難気味になっていましたが、ゴール前の混戦を見ていた私の心臓は殆ど止まっていました。

ナイス三竿
ナイス曽ヶ端
本当に危ないシーンでした。

そういえば、珍しく曽ヶ端が怒っているシーンを観ました。

 

私が考える鹿島の勝因

色々と考えられますが、以下の点だと思います。

  • 三竿の急成長
    (僅かな期間でこんなに変わるのか?という驚き!)
  • 中2日という日程でも最後まで足が止まらなかった選手
    (本当に見ていて涙が出るくらい走っていました)
  • 金崎の献身的なプレーと時間稼ぎの妙
    (見事なファウルのもらいかた)
  • 大岩監督の選手交代の妙
    (土居ではなく鈴木を・・・と思いましたがやはり土居で正解だった)
  • 平日の夜なのに駆けつけた鹿島サポーター
    (試合後のオブラディが誇らしかった!)

選手・スタッフ、そしてサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 

データから予想した鹿島が勝つための方法はどうなった?

試合前に鹿島が勝つために取るべき戦術を、攻守両面で考えまとめました。
その結果はどうなったのか答え合わせします。

 

守るには『ガンバの機動力を封じ込める』

そこそこ出来たと思います。
前半はかなり走られましたが、トータルで見ると以下の通りです。

1試合の走行距離(16試合の平均)
ガンバ 116.178km(2位)
鹿島  110.752km(17位)

昨日の試合
ガンバ 112.684km
鹿島  107.564km

1試合のスプリント回数(16試合の平均)
ガンバ 180回(1位)
鹿島  171回(4位)

昨日の試合
ガンバ 166回
鹿島  147回

ガンバの数値を平均から大きく下げることに成功しています。
彼らの得意のスタイルに持込ませなかったといえるのではないでしょうか?

 

攻めるには『いつもの鹿島の攻撃でいい!』

出来たような出来ていないような・・・です。
得点は小笠原のスルーパスからでした。
ですが、前半31分の西から中村へのクロスや後半40分の伊東から金崎へのセンタリングなどはガンバが苦手とする「セットプレー&クロスからの失点が50%」を突いたシーンだと思います。

ただし、それを意図して攻めたと言うには回数が少なかったかもしれません。

 

試合前に期待した鹿島の5選手はどうだった?

試合前に鹿島が勝つためには活躍が必要な5選手を取り上げました。
彼らの試合でのプレーを振り返ります。

 

ペドロ!腐るな、FC東京戦のための温存だよ!!

先にも書きましたが、前半10分に見せたプレーなどからペドロは今最も状態が良いのだと思います。それだけに早々と交代することに対し不満そうでした。
その様子を見た大岩監督がピッチを出たペドロを抱きしめて何か話していました。
勝手な想像だけど・・・
「FC東京戦でも必要なんだ」
とか
「万一もう一枚イエローもらって次の試合出れないのはこまる」
みたいな話だったのでしょうかね。

いずれにせよ、今の鹿島の2トップの一枚はペドロで決まりです。

 

土居!もっとエゴを出してもいいのでは?

予想通りスタメンでは出れず、後半15分にペドロと交代でピッチに登場しました。
金崎との2トップで、何とかアシストかシュートを・・・と期待したのですが、この試合でも期待を裏切られました。
一つ一つのプレーは問題ありません。
でもねぇ、何か悩んでる?
もっとペナルティエリア付近では強引にプレーしていいよ!

ペドロなんて、ガンガン前に行くじゃない?
まあ、大抵DFに引っ掛かってサポーターに溜息付かせるけど・・・。

土居!
一度、俺が俺がでプレーしてみたら?

 

遠藤!さすが魔法の左足です!!

ゴールシーンを何度見ても、驚きは消えません。
本当に凄い。
あの一瞬でシュートを決断し、しかも思ったように蹴れる技術・・・。
中村、レアンドロ、遠藤の3人の争いは激化しましたね。
次のFC東京戦でもチャンスがあれば頼みます!

ゴール後のショットも素敵でした。

 

小笠原!見事な視野とスルーパスでした!!

攻撃のタクトを振ってほしいと願っていましたが、見事に成し得てくれました。
キャプテン、ありがとう。

でも、昨日の出来はトータルで考えたらあまり良くない!ですよね。
守備の面は「見事な判断と予測」で相手の攻撃を摘んでましたが、攻撃面ではミスが多かったと思います。

実際、あの得点シーンでも最初はキャプテンのミスからですよね?

パス?をカットされてカウンター食らいそうに成ったところで、レオが素早くボールを狩り取ってくれましたが、危ないシーンでしたよね。

 

昌子!見事な三竿へのコーチングでした!!

柏戦では不安定な守備が散見された三竿が、たった2日であそこまで改善するとは!
三竿本人の努力が大きいのでしょうが、たぶん柏戦以降、ずっと三竿と話し合って来たのでしょうね。昌子自身が、代表で吉田にしてもらったように・・・。

まだまだ、一発で抜かれてしまうシーンがあるなど三竿の改善点はありますが、植田には相当のプレッシャーとなったと思います。

1点だけダメだしを!
終了間際、東口のゴールキックをクリアしようとして目測を誤りましたよね?
ヘディングでクリアしようとして、被っていたように見えました。
あれは止めてくれ!
相手のFW次第では、一気にゴールまで行かれるよ!

 

番外編!井手口は本当に良い選手だ!!

先日の日本代表の試合を観て思いましたが、井手口は本当に良い選手ですね。
スタミナあるし、強気だし、技術あるし・・・
これに経験が備わったら怖いプレーヤーになりそうですね。

とにかく、イラク戦で痛めた後頭部の影響は全く無さそうで良かったです。
鹿島戦では静かにしていて欲しいですが、日本サッカーのためにはより一層の成長を期待する選手です!

 

鹿島の今後について

誰かが仕組んだとしか思えない、地獄のアウェイ3連戦でしたが、柏戦とガンバ戦に勝利することが出来ました。
是非、次のFC東京戦も勝って『鹿島強い』という印象をライバル達の頭に刻み込んでください。

  • 7月8日アウェイでFC東京戦
  • 7月12日天皇杯3回戦アウェイでモンテディオ山形戦
    そのあと約2週間のサマーブレイク・・・
    と思っていたら、忘れてました!
  • 7月22日ホームでエキシビジョンマッチ・セビージャFC戦
    せっかくの休みなのに・・・。
    失礼かもしれませんが、金崎と昌子は休ませて欲しい。
    出る必要なしです!
  • 7月29日ホームで甲府戦
    に備えてしっかり体調を整えてください。

まずは次のFC東京戦!
開幕戦の悔しさを晴らしてくれ!
勝とう、勝つぞ、アントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク