読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


Road to Russia~(追記)ロシアWC最終予選 日本 VS UAE 振り返り~



(最初の記事を記載した後で、大迫と今野のケガによる代表離脱を知りましたので、内容を一部訂正及び追加しています)

ロシアワールドカップ最終予選、全10戦の後半戦が始まった。

日本は初戦、ホームでUAEに破れ波乱の幕開けとなったが、ホームのイラク戦で奇跡的な勝利を収めると、アウェーのオーストラリアで勝ち点1を拾い息を吹き返し、6チーム中2位で折り返した。

後半戦の初戦は、因縁のUAE戦である。
ロシアWCへ行くには、絶対に負けられない一戦となりました。
日本には相手のホームでキッチリと示しを付けて欲しいと願っていました。

試合から2日経ってしまいましたが、改めて試合を振り返りまとめてみます。

 

スターティングメンバーと試合結果

日本   - 0  UAE

リベンジ成功!!

スターティングメンバー
GK   1 川島 永嗣
DF 5 長友 佑都
   6 森重 真人
  19  酒井 宏樹
  22  吉田 麻也
MF  10  香川 真司 →後半26分 倉田 秋
  16  山口 蛍
  17  今野 泰幸
FW 8  原口 元気
  14  久保 裕也 →後半33分 本田 圭佑
  15  大迫 勇也 →後半37分 岡崎 慎司

4-3-3の並びとなりました。
自分の予想は4-4-2だったので、全く合わない結果となりました。
・・・昌子・・・使ってもらえなかったなぁ。

 

川島、長友とハリルは心中するのかと思いました

メンバーを見た時の正直な感想を述べます。

長友が出る可能性はあると思っていました。
ですが、川島は・・・。
驚きを通りこして、恐怖すら感じました。
『ハリルさん、血迷ったのか?』
『この試合負けたら辞めるのか?』
そう思いました。

しかし、結果的を見れば、私ごとき素人には考えも付かない経験値が、ハリルさんにあるという事なのでしょうね。

 

試合の感想

試合を振り返ってみます。
全体的に見れば、日本の各選手が与えられた仕事を完遂し、
『相手のプレーをさせない』プレーで試合を無難に終わらせました。

 

前半のMVPは川口のドヤ顔!

前半開始早々、それほどUAEの圧力は感じませんでした。
たぶん、今野山口のポジションが上手く利いていたのでしょう。

そして14分の久保の先制!本当に見事でした。

20分のピンチ、川島は良く止めたと思います。
本当に見事でした。ここで同点になっていたら、スタジアムの雰囲気も変わったでしょうから見事なプレーでした!
元々は森重が相手に交わされたのが原因なんですが・・・。

30分頃から40分頃まで、UAEペースになっていました。
解説は後ろに下がりすぎと言ってましたが、テレビを見ていて思ったのは、日本のビルドアップがずれているように感じました。

 

後半のMVPは大迫のポスト!

後半開始5分はUAEの攻勢に晒されました。
特に右サイドを抉られて上げられたセンタリング・・・
あれば危なかった。相手が力みすぎて空振りしたので助かりました。
でも、考えてみれば前半のチャンスとこの後半のチャンスに取られていたら、
日本1-2UAEになっていた可能性もある。
そう思うと、前半の川島のプレーは大きかったですね。

相手の攻勢に晒されていましたが、今野さんが追加点をゲット!

その後は、UAEに殆どやりたいプレーをさせず、試合終了となりました。

後半のMVPは今野だろ!と思う人が多いと思います。
私もそう思います。
でも、前線で何度もボールを収め、他の選手に前を向かせる時間を作り続けた大迫を、私は一押しさせて頂きます。
(鹿島サポとしての贔屓目があることは・・・否定しません!)

後半、3点目を取れなかったのは痛い

岡崎・・・力みすぎだよ。
本田・・・FKは人に当てないでゴールへ~って言うか何で貴方が蹴るの?

 

ハリル采配について

正直、川島と長友のスターティングは勝利した今も謎が残ります。

川島は、確かに1本ビックセーブはしたけど、バックパスへの対応とかで、何となくぎこちなさを感じました。
それに、昨日の試合はハイボールも殆どなく、この1試合で川島をファーストGKにするのは疑問が残ります。

長友は、無難にこなしたと思うけど、なんで高徳ではだめなの?ハンブルガーで主将をしている経験値は活かせないと言うの?
長友は好きな選手だけど、UAE戦の選考は納得いきません。

香川を変えるのは良いとして、何故に倉田なの?
今野と組ませるのにベターと考えたのかも知れませんが、出てきた倉田のプレーを観て思いましたが、香川を変える必要ありましたか?

 

ハリルの選手選考には謎が残ります。
ですが、試合に勝つ、勝ち点を取る、といった戦術においては素晴らしいものがあると思います。

  • 豪州戦で本田を1トップにして、なりふり構わず勝ち点1だけを目指す戦い。
  • UAE戦で今野をボランチでなく、インサイドハーフにして相手のキーマンを押さえる。

やはり、アルジェリアをWCでベスト16に導いただけの策士であることは間違いない。
ただし、壮大な戦略があるかどうかは判らんです。

 

所属チームで活躍中の選手が躍動

こんなことを書くと、セルジオさんみたいになりそうなのですが・・・。
でも、やっぱりこのUAE戦を観たら書かずにはいられないので書きます!

 

久保 その『オレが』プレーはいいね

あの先制点は本当に見事でした。
スッと前に抜け出るタイミング、シュートを打つタイミング、本当に見事でした。

ベルギーでの活躍は間違いなく、この代表でも活かされました。
その後も、何度も何度もシュートを打ち、前にドリブルで突入する貴方のプレーは、最近の日本代表には観られない『オレ様』プレーで、気持ち良かったです。

 

大迫 ポストプレーが開花したね

元々、下手ではなかったけど、今のポストプレーは質が違いますね。
単にポストになるのではなく

  • 隙があれば自分で前に出ようとするし
  • 周囲を見てダイレクトパスも出すし
  • 引き付けてパスも出すし

皆の意識が、
『大迫に預けて、大迫が作る時間に前を向こう』となっているようでした。

ケガ、本当に大丈夫?
タイ戦でも貴方のプレーを観たいけど、無理はしないで下さい。

 

(訂正と追加)大迫の離脱

上記の文章を書いた後で、ケガにより日本代表離脱を知りました。
調子が良い時だっただけに、本当に無念だと思います。
どの程度のケガなのか情報が無いので軽々しいことは言えませんが、早く状態を元に戻してケルンで活躍し、6月のイラク戦ではUAE戦の様なプレーを見せて下さい。

 

原口 その体力はいったいどうやって?

最近、所属先での不調を監督に指摘された記事が出ていました。

www.goal.com


確かに、攻撃面では『オイッ!』って事もありましたが、それでも貴方の無尽蔵のスタミナは日本にとっては心強いです。
前に後ろに90分走り回るプレーに何度も助けられました。

気負いすぎなくて良いですよ。
原口元気が替えの利かない選手であることは、私たちはもう知ってますから!

 

マヤさん まじでレベルアップしたのね

イングランド・リーグカップの準決勝リバプール戦、決勝のマンU戦、ああいう試合を経験することで、どれだけ選手としての経験値が増えるのか見せてもらいました。

UAE戦では1対1でファウルせずに何度もボールを奪っていたし、
森重のミスを見越してカバーに回っていたシーンも後半にありましたよね。

つい最近までは、
『時々チョンボするマヤなんて、いつかうちの昌子が追い越す!』って言ってたのですが、生意気言ってスイマセンでした。

 

神様 仏様 今野様

定番ですが、これしか言い様ありません。
誠にありがとうございました!

 

(訂正と追加)今野の離脱

上記の文章を書いた後で、今野の骨折を知りました。
日本が一番苦しいときに助けてくれて、しかも本当に身体を張って助けてくれて
ありがとうございました。
骨折だと数ヶ月は離脱になるのでしょうから、日本代表としても痛手ですし、なにより所属先のガンバとしても、ガンバのサポーターも非常にショックだと思います。

まずはしっかりと治し、再び、ピッチを駆け回る姿を見せて下さい

 

今野の活躍に思う Jリーグは下か?

今野がメンバーに選出され、しかもスタメンで起用され、MVP級の活躍をしたことは、普段Jリーグを応援している身にとっては大変嬉しいことである。

Jリーグで活躍しているそのままに、代表で、国際試合で活躍出来ることはJリーグの評価が高まることになる。

どうしても憧れで海外に1度は行きたい・・・そう思うのは仕方ない。
ですが、Jリーグでは成長出来ない、代表になれない、という発言は選手にも監督にもして欲しくありません!

Jリーグを馬鹿にするなよ!!

 

だから、昌子・・・まだ行かないで・・・。

だから、その・・・昌子さん。
あと1年は待って下さいね。
鹿島でACL獲って、それを手土産にして渡ってください。
我がまま言ってスイマセン。

www.nikkansports.com

 

日本代表の今後について

ロシアWC最終予選、後半5試合の初戦を快勝でスタートしました。
今後の試合は以下の通りです。

  • 3月28日 ホーム  タイ戦
  • 6月13日 アウェイ イラク戦
  • 8月31日 ホーム  オーストラリア戦
  • 9月5日  アウェイ サウジアラビア戦

残り4試合です!
日本としては、とにかく次のタイ戦をホームできっちり勝ちましょう。
目の前の試合を一つ一つ大事に勝っていきましょう!

ネット上では既に、日本が幾つ勝つと場合によっては~なんて記事も出ています。
ですが、そんなことは気にせず、目の前の敵を倒して行きましょう。

勝て!
何があっても、何をされても、
絶対に負けるな、日本!
ロシアへ行こう!!

 

おススメのサッカーブログランキングはこちらへ!

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク