lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤との闘いをコーギーに癒され暮らしています。鹿島アントラーズの応援と読書に人生の全てを掛けている40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


Russia World Cup ~日本代表、初戦・コロンビア戦に勝利!ロシアの地で鹿島の血が躍動す!!

2018年6月19日、日本サッカーの歴史において記念すべき日となりました。

日本として、アジア代表として、ワールドカップ本大会で南米勢を相手に初勝利を飾ったのです。
ちなみに、日本は過去6回の出場で南米勢と4回対戦しています。
フランス大会でアルゼンチンに敗戦、ドイツ大会でブラジルに敗退、南アフリカ大会ではパラグアイに引分けの末PKで敗退、ブラジル大会ではコロンビアに敗退とここまで4戦4敗でした。
アジア代表の枠でみても、3分14敗で1度も勝利していません。

日本は5回目のチャレンジで、ついに重い扉をこじ開けることに成功しました。

鹿島の血が躍動した、日本VSコロンビア戦を振り返ります。

続きを読む

Road to Russia ~ワールドカップ前、最後の親善試合・パラグアイ戦にて、鹿島の血が躍動す!!~

2018年6月12日、日本代表はロシアワールドカップ前の最後の親善試合に、合宿を行っていたオーストリアの地で臨みました。

国内で行ったガーナ戦、先日スイスで行ったスイス戦とは、ガラッとメンバーを変えてパラグアイ戦に挑みました。なんと、スイス戦からスタメンが10人も変更しました。
大事な大会前の最終戦というのは、普通、大会初戦でスタメン出場するメンバーが出ると思っていたので、驚きました。

メンバー選考でサプライズは無かったけど、大会初戦までの調整においてサプライズを起すとは、西野監督、なかなか読めない人ですね。
でも、西野監督が起してくれたサプライズのお陰で、鹿島サポーターの私は嬉しい思いをすることになりました。

各マスコミの予想メンバーに、昌子、植田、柴崎の名前が出ていたので期待はしていましたが、実際にスタメンが発表された時に彼ら3人の名前を見た瞬間の嬉しさは・・・たぶん、鹿島サポの人以外には判ってもらえないのだろうなぁ・・・。

昌子、植田、柴崎の、ディープレッドの血が流れる選手が出場した、日本VSパラグアイ戦を振り返ります。

続きを読む

Road to Russia ~親善試合・スイス戦で完敗!またしても無得点!!~

2018年6月8日、日本時間では9日未明。オーストリアで合宿を行っている日本代表は、隣国、スイスに移動して、スイス代表と親善試合を行いました。

スイスは、ドイツ、スペイン、イタリアなどのサッカー大国と比べると格は下かも知れませんが、実はFIFAランク6位の強国です。
70年代から00年代までは低迷していましたが、ワールドカップでは2006年から4大会連続での出場であり、06年がベスト16、10年は予選敗退、14年はベスト16、そして2016年のWEFAではベスト16、と力をつけているチームです。

個々の実力も、さらにチーム力でも、明らかに相手が上です。
そんな相手に、日本代表がどんな戦い方を見せてくれるか注目していました。

日本VSスイス戦を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に~2018年天皇杯2回戦 鹿島VS Honda FC戦で鹿島は快勝するも、懸念材料は払拭しきれず~

久しぶりに、鹿島のゴールラッシュを観る事が出来ました。
格下相手とは言え、6得点で快勝した。

この日、入梅した関東地方。
気温は20度に届かず、ピッチには冷たい雨が降り注いでいましたが、鹿島の選手は次々とゴールへボールを流し込み、試合直前にチームを襲った最悪のムードを、きれいさっぱりと流し去ってくれました。

戦い続けた選手の皆様
雨にも負けずに応援し続けたサポーターの皆様

本当にお疲れ様でした。

天皇杯2回戦 鹿島VS Honda FC戦を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に~2018年天皇杯2回戦 鹿島VS Honda FCを前に思う~

2018年6月6日、カシマスタジアムにて天皇杯の2回戦が開催されます。

相手は、Honda FCである。
Jリーグが始まる際、本田の理念を貫いてプロ化を進めなかったことで、多くの選手がJリーグに参入した鹿島へ移籍してきた。

黒崎久志・長谷川祥之・本田泰人・内藤就行・入井和久・千葉修、さらに選手だけでなく、監督の宮本征勝やヘッドコーチの関塚隆も移籍してきた。

鹿島にとって、浅からぬ縁のあるチームが、今の最悪のチーム状況で対戦することになると言うのは、不思議な気がします。

天皇杯2回戦 鹿島VS Honda FC戦を前に思うことをまとめます。

続きを読む

Road to Russia ~2018年ロシアワールドカップ大会に挑む23名の登録メンバー発表~

2018年5月31日、2018年ロシアワールドカップ大会に挑む、サッカー日本代表メンバー23名が発表されました。

世の中の、ほぼ、予想通りのメンバーになりました。
我が愛する鹿島アントラーズからは、昌子と植田が選出されました。
しかし、残念ながら三竿が落選となってしまった。

発表された23名のメンバーは以下の通りです。
選考メンバーを見て感じたこともまとめておきます。
ロシアワールドカップが終わった時に、この記事を読んでどう思うか、楽しみです。

続きを読む

Road to Russia ~ワールドカップ前最後の親善試合・ガーナ戦に完敗!~

ロシアワールドカップの壮行試合で、日本代表は完敗しました。

日本代表が国内で試合を行うのは、昨年12月のEAFF E-1フットボールチャンピオンシップ以来、約半年ぶりです。
海外勢も加えたフルメンバーでの試合と言えば、昨年8月31日、ワールドカップ行きを決めたオーストラリア戦以来、約9ヶ月ぶりとなります。

久々の国内で行う試合なのに負けました。
1点も取れず、0-2で完敗しました。

サッカー日本代表VSガーナの一戦について、記録しておきます。

続きを読む

Road to Russia ~ワールドカップ前最後の親善試合・ガーナ戦を前に思う~

2018年5月30日、ロシアワールドカップ前の壮行試合・ガーナ戦が、横浜の日産スタジアムで行われます。

本来なら、4年間の集大成の見せ場となるはずだった壮行試合
しかし、一部の日本代表選手にとっては熾烈な戦いの場となってしまいました。

ワールドカップ本戦に挑む、23名の登録選手に選ばれるために、ガチンコで戦うことになった26名の選手たち・・・。
観る側としては、緩い試合ではなく、真剣モードの戦いが観れるのは楽しみですが・・・。

ガーナ戦に挑む26名の選手と展望をまとめます。

続きを読む

『ゼロの激震』を読んだ!

ゼロの激震(著:安生 正)を読んだ!

安生さんのゼロシリーズ。
第1作「生存者ゼロ」を本屋で見つけ、何となく気になってモノは試しと読んだ時の衝撃は忘れない。
面白くて、怖くて、気になって、途中で読み止める事が出来なくて、途中から一気に読み切った記憶があります。

『生存者ゼロ』を読んだ! - lands_end’s blog

その後、ゼロシリーズの続編があると知り、「ゼロの迎撃」を読んだ。
読んでみたら、ゼロと言う名前は付いているけど、正確には続編ではないことを知り、けっこう残念に思った記憶があります。
また、本の内容そのものも、1作目のような意表を突くテーマでは無かったので、衝撃度は薄かった記憶があります。

『ゼロの迎撃』を読んだ! - lands_end’s blog

そしてこの第3弾・・・
ゼロとは名前が付くけど、やはり前作から登場人物が引き継がれている訳ではないようである。

登場人物も、背景も、一新してのゼロシリーズ。
今回のテーマは、どんな風に度肝を抜いてくれるのか?

なんとなく・・・タイトルから何が起きるのか想像が出来るのが、読む前から心配ではありましたが・・・。

『ゼロの激震』を読み終えましたので、感想をまとめます。

続きを読む

ジーコと共に ~2018年J1第15節 鹿島VS 仙台戦 ホームで完敗を喫する!~

2018年5月20日、鹿島はまたしてもホームで負けた。

ACLで念願のラウンド16を突破したことに加え、15節以降はワールドカップの中断期間となってしまうため、絶好の観戦日和となった陽気に和に誘われて、北関東の片田舎にある鹿島スタジアムに、23000人以上の観客が集結しました。

皆の願いは2つ。

  • 今季の苦しい状態からの脱却を見たい。
  • 長い中断期間前に快勝し、気持ち良く中断期間を過ごしたい。

しかし、サポーターの願いは開始早々に打ち砕かれました。

本当に、今季の鹿島は勝つべき時に勝てない。
日に日に、危機感が募っていきます。

2018年J1第15節 鹿島VS 仙台戦を振り返ります。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク