lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤との闘いをコーギーに癒され暮らしています。鹿島アントラーズの応援と読書に人生の全てを掛けている40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2018年J1第10節 鹿島はシステムを変えるも神戸に引分ける!~

前節、川崎Fに大敗を喫した鹿島

中3日で迎えたホーム神戸戦で、1つの決断を下しました。
伝統のスタイルとして用いてきた4-4-2ではなく、4-2-3-1で試合に臨みました。

攻撃の組み立てが出来ない。
チャンスを生み出せない。
点が入らない。
リズムが崩れて守備も崩れる。

チームに起きている悪循環を断ち切るため、敢えてシステムを臨んだ鹿島。

J1第10節 鹿島VS神戸戦を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に ~2018年J1第10節 鹿島VS 神戸戦を前に思う~

早いもので、2018年J1リーグは、次節の試合が10節目である。

34試合中の10試合・・・
苦しんでる、苦しんでる・・・
次こそは、次こそは・・・

そう言っているうちにもう10試合目である。

今は怒涛の連戦の最中です。
なので、解任とか、辞任とか、休養とか・・・
どうしても大岩監督の首を変えるべきだとは思いません。
ただ、チームとして、現状をどう思っているのか?

一緒に戦う仲間と思っているのなら、
ファミリーだと言うのなら、
チームとして「どうしたいのか」「どうして欲しい」のか発言して欲しかった。

きっと、何を言っても賛否両論だとは思います。
ですが、サポーターとしてはチームとしての声を聞きたかったです。

モヤモヤしてますが、J1第10節・鹿島VS神戸戦の前に思うことをまとめます。

続きを読む

BHAFC~プレミア第35節、ブライトン、ホームで強豪トテナムから貴重な勝ち点1をもぎ取る!!~

4月17日、我らがブライトンはホームに強豪トテナムを迎え、プレミアリーグ第35節を戦いました。

前節、クリスタル・パレスに自滅のような形で敗れ、プレミア残留に黄色信号が灯ってしまったブライトン。
それでも、ようやく掴んだ夢の舞台からそう簡単にずり落ちるわけには行きません。
大観衆の後押しを受け、ホームで強豪トテナムに挑みました。

スタジアムが揺れる!
ってのはこういう事を言うのだな!!
そう感じた、プレミアリーグ第35節を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に~2018年J1第9節 鹿島、勝たねばならぬ川崎Fに対し完敗を喫す!

2018年4月21日、不調に喘ぐ鹿島は復活への一縷の望みを、宿敵である川崎F戦との戦いに託し、等々力に乗り込みました。

昨年、最後の最後に得失点差で優勝を奪われた相手。
昨年、リーグ戦では2試合共に完敗した相手。
チームが再浮上するために
チームが自身を取り戻すために
鹿島が鹿島であるために

どうしても勝ちたかった相手に・・・
大敗を喫することになりました。

2018年J1 鹿島VS川崎F戦を記録に残しておく

続きを読む

ジーコと共に ~2018年J1第9節 鹿島VS 川崎F戦を前に思う~

明日の試合は、決戦である。

2017年度は、鹿島は川崎Fに対して完敗であった。
ホームで0-3で負け、アウェイでも1-3で負けた。
合計2戦2敗、1得点5失点。手も足も出なかった。

優勝を争うライバルに、勝ち点6、得失点は+5、自ら献上した一年でした。

2018年は、両チーム共に不調にあえいでいます。

鹿島は怪我人続出で完全に野戦病院化しています。
一方の川崎も体調不良者が絶えないようです。

だからこそ、この一戦に掛ける気持ちは互いに強いと思います。
「勝つ」と言う強い気持ちを、チーム一丸となって持つことが出来るかどうかで、勝負が決まる気がします。

リーグ第9節 鹿島VS川崎F戦を前に思うことをまとめます。

続きを読む

ジーコと共に ~ACL第6節、鹿島はホームで水原に敗戦!グループステージは2位通過となる!!~

2018年4月17日、ACLグループHの第6節が、鹿島のホームで行われました。

前節の上海戦を引き分けて、グループステージ突破は決めていたものの、敗戦すればグループ2位となって、強豪の上海上港と対戦する可能性が高かった。

ゆえに、首脳陣は試合前から悩みが尽きなかったことは理解出来ます。

  1. 鹿島の伝統に乗っ取り、ベストメンバーで勝利を目指す
  2. メンバーを落としすぎず、主力を何人か休ませる程度で挑む
  3. 連戦中なので主力を完全に休養させて土曜の川崎F戦に備える

悩んだ結果、首脳陣は2でスタートした。
ところが、敗戦が濃厚になると、急に主力を投入しましたた。

その結果は・・・
首脳陣が無様な行動を曝け出したACL第6戦・水原三星戦を振り返ります。

続きを読む

BHAFC~プレミア第34節、もったいない敗戦!ブライトン残留へ黄色信号!!~

4月14日、我らがブライトンはクリスタル・パレスのホームで悔しい敗戦を喫しました。
残留を争うライバルである相手を直接下し、下位チームとの勝ち点差を広げる機会だったのに、自らそのチャンスを手放してしまいました。

来季もプレミアリーグでブライトンが観たい!
そのためにも、今日の試合は勝って欲しかったのに・・・。

プレミアリーグ第34節を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に~2018年J1第8節 鹿島VS 名古屋を振り返る~

連敗、低迷、怪我人続出などなど、満身創痍の鹿島アントラーズは、4月14日、聖地・鹿島スタジアムでJ1第8節鹿島VS名古屋戦を戦いました。

スタジアムには、色んな思いを腹に収めながら、鹿島の勝利だけを目指して多くの人が集いました。
そして、2日前、選手だけで決起集会を開いたとニュースが流れる中、選手たちがどんな表情で、そしてどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみにしていました。

快晴だけど、風はちょっと肌寒かったですが、気候はサッカーするには絶好のコンディションでした。そんな中で、我らが鹿島アントラーズの選手達は、ピッチ上で懸命に戦っていました。

2018年J1第8節 鹿島VS 名古屋戦を振り返ります。

続きを読む

ジーコと共に~2018年J1第8節 鹿島VS 名古屋を前に思う~

明日の試合は、2018年の鹿島にとって分岐点になるかも知れない。

振り返ってみると、2017年終盤から始まったリーグ戦における攻撃の不調は、今年に入ってさらに悪化し、ついに、チームを沈没寸前にまで追い込むことになってしまった。

もはや、こうなったら、誰が悪いとか、解任させろとか、辞めさせろなど言っていられません。
鹿島を愛する皆がチームの未来を信じて、応援するだけです。

リーグ第8節 鹿島VS名古屋戦を前に思うことをまとめます。

 

昨年11月から10試合複数得点なし

リーグ戦に限ってですが、以下のような結果となっています。

  • 11月5日○鹿島vs浦和1-0
  • 11月26日△鹿島vs鹿島0-0
  • 12月2日△鹿島vs磐田0-0
  • 2月25日△鹿島vs清水0-0
  • 3月3日○鹿島vsG大阪1-0
  • 3月10日●鹿島vs広島0-1
  • 3月18日○鹿島vs鳥栖1-0
  • 3月31日△鹿島vs札幌0-0
  • 4月7日●鹿島vs湘南1-2
  • 4月11日●鹿島vs東京1-2

なんと、10試合続けて複数得点が出来ていません。
10試合、3勝3敗4分 5得点5失点。

ちなみに、複数得点は10月29日の札幌戦に、2-1で勝利して以来ありません。
更に言えば、2点以上獲ったのは、昨年9月20日の天皇杯4次ラウンドで、浦和に4-2で勝った時が最後なのです。

そう、鹿島の攻撃はずっと低調だったのです。

ですが、昌子を中心とした守備陣の奮闘と、タイトルと言う目標に向って、チーム一丸となって戦う姿勢が、鹿島に勝利をもたらしていたのです。

だから、敢えて言います。
何点も取らなくてもいいし、取れなくても焦るなよ。

1-0できっちり勝ちましょう。
今の鹿島は、そういう戦力のチームですよね。

 

リーグ第8節 鹿島VS名古屋戦のスタメン予想

怪我人発生の連鎖が止りません。
本当に、鹿島神宮にお祓いに行って頂きたいです。

現時点で負傷が確定している選手は、
遠藤、ペドロ、レオ、安部、山本
現時点で状態が不明瞭な選手は
安西

以上を踏まえて考えた、
VS名古屋戦の予想スターティングラインナップです。

f:id:lands_end:20180413182851p:plain

2トップは、金崎と土居にしました。
土居も連戦だけど、鈴木が怪我したら本当にまずいので、ベンチスタートにしました。
交代で出てくることで、相手には脅威でしょうしね。

2列目は、レアンドロと中村で組みました。
大岩監督が石井監督の後を継いだ当初、この2人がチームを牽引しました。
色んな意味で原点回帰です。

ボランチは、小笠原と三竿で組みました。
正直、小笠原は連戦でコンディションに不安がありますが、名古屋戦は非常に大きな意味を持つ一戦になるので、キャプテンに登場してもらいます。

SBは、左に西、右に伊東ですかね・・・。
内田が実戦に復帰!と言う話もありますが、90分にフルに出れるのか未知数なので、西、伊東に託しました。

CBは、昌子と犬飼!
重要な一戦だからこそ、昌子と植田と思いましたが、植田は連戦続きです。
とにかく、怪我人を出さない(疲れを溜めない)ことも重要だと思います。

GKは、スンテ!
よろしく頼みます。

ベンチスタートとなる、金森、山口、内田、またはレオなどを、どう使うか?

 

『献身・尊重・誠実』

今までは、「次の試合で期待する選手~」なんて書いていましたが、今は、選手個人に何かを託す時とは思えないので、止めときます。

今度の試合は・・・
スタメン、ベンチ、コーチ、監督、スタッフ、フロント、そしてサポーター・・・
自分を含めた全員の想いに期待しています。

『献身・尊重・誠実』

仲間を信じて、各々の場所で、精一杯戦いましょう。

 

対戦相手の名古屋について

2016年シーズンにJ2へ陥落しましたが、1年でJ1に返り咲きました。
2017年順位はJ2で3位。プレーオフを勝ち上がって返り咲きです。
2018年は16位、2勝4敗1分、8得点12失点です。
戦力は充実しているはずなのに、苦戦しています。

鹿島とどちらが先に浮上のきっかけを掴むのか、土曜の試合は熾烈な戦いになります。

2018年の補強としては・・・
なんといっても、ブラジルのSCコリンチャンスから移籍のジョーですね。
間違いなく、Jのレベルを超える選手です。
そして、豪州代表のGK・ランゲラックですね。
しかし・・・、
お金ありますねぇ、名古屋は!

他に注意すべきは・・・シャビエルですね。
シャビエルとジョーをどう抑えるか?

小林も何気に嫌なプレーをする印象です。

 

まとめ

ついに山本まで怪我をしてしまい、満身創痍の鹿島アントラーズ。
内田が負傷から復帰したとの報がありますが、正直、コンディションが万全とは思えません。おそらく、長時間のプレーは無理ではないかと思います。

大岩監督自身が、監督を引き受けた頃の、原点に帰ってくれることを願います。

守って
支えて
戦って
そして、勝とう!
行け、アントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ジーコと共に~2018年J1第7節 鹿島連敗!鹿島VS FC東京戦(アウェイ)を振り返る!!~

4月11日、J1第7節鹿島VSFC東京戦が、東京のホームで行われました。

前節に続き、オウンゴールを献上して連敗した。

札幌戦ではあまりの出来の悪さに腹立たしかった。

湘南戦ではロスタイム弾に被弾して鹿島らしからぬ姿に唖然とした。

東京戦では試合終了時に怒りが沸いてこなかった。
どこかで、今日も勝てないのかも・・・。
自分がそう思っていた事に気付き、怒りが沸いた。
それにしても、どこまで落ちていくのか・・・。

四半世紀応援してきて、こんなにも危機感を感じるシーズンは初めてです。
とても、怖い。

2018年J1第7節 鹿島VS FC東京戦を振り返ります。

続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク