lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


BHAFC ~2017-18年イングランドプレミアリーグ開幕!愛するブライトンはどうなるか?~



大学卒業後、縁あってしばらくブライトンで暮らしている間、ブライトン&ホーブアルビオンFC(Brighton & Hove Albion FC 略:BHAFC)の試合を学校の友人達と暇つぶしに見に行っていました。見に行く度にいつもボロボロに負けていましたが、なぜかBHAFCがとても愛おしくなり、いつしか一人でオッサン達に混じって見に行くようになっていました。

数年後、帰国してからもBHAFCの動向は気になっていました。
少しずつ力を付けたBHAFCは、徐々にリーグのランクを上げていき、ついにプレーオフまで辿りつきましたがそこからがまた大変!
なかなかトップリーグに上がれず悔しい思いをしていました。
そんなBHAFCが、ついに2016-17シーズンにチャンピオンシップ(2部相当)で2位に入り、念願のプレミアリーグ昇格を果たしてくれました。

どんなシーズンになるかまさに神のみぞ知るですが、これから1年間、BHAFCを追っ掛けてみるつもりです。
ちなみに、私は海外サッカーは疎いです。
なので、愛する鹿島アントラーズの記事みたいに突っ込んだ記事は書けませんが、一年後には少しは突っ込んだ記事が書ければ良いと思っています!

 

ブライトン&ホーブの場所

イングランド南部・イースト・サセックスにあるシティかつ単一自治体。シティの中心エリアはブライトンである。2011年の人口は273,400人。

ブライトン・アンド・ホヴ - Wikipedia

人口27万人の日本の都市は、我がアントラーズを抱える茨城県の水戸市(ホーリーホックさんのホームタウン)が約27万人です。
ちなみに鹿嶋スタジアムのある鹿嶋市の人口は約6,7万人スタジアムの収容人数は約4万人

Brighton & Hoveの地図も貼り付けておきます。


海に面した街で、夏は観光客で騒がしかったですが、秋から春は比較的温暖で過ごしやすかったです。

 

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCについて

Brighton & Hove Albion FCは1901年に設立されクラブ創設時より青と白の縦縞のユニフォームを用いています。
プレミアリーグで戦うのは初めてですが、過去に1部に在籍した時期もあります。
1979-80シーズンからと1982-83シーズンまでの4年間です。

リーグやカップ戦での優勝はありません。
もっとも栄冠に近づいたのは、1983年のFAカップです。
決勝に進出したBHAFCは、マンチェスター・ユナイテッドFCと戦います。
引き分け再試合の末、精根尽き果てた末に敗れて準優勝に終わりました。

愛称はシーガルズ(The Seagulls)です。(海のそばなのでカモメですね)

www.brightonandhovealbion.com

 

スタジアムはラグビー日本代表が南アフリカから大金星を挙げた場所

メインスタジアムはファルマー・スタジアム。収容人員は30,750人。創設以来4つ目のスタジアムで2011年から使用しています。

実はこのスタジアム日本に縁があります。
ラグビーワールドカップ2015で日本代表が南アフリカを34-32で破り、ブライトンの奇跡と呼ばれた「あの試合」が行われたスタジアムです。

当時、留学していた人が羨ましいなぁ・・・。

 

2017-18年イングランドプレミアリーグの20チーム

20クラブが所属し、ホーム・アンド・アウェー方式による2回総当りで8月から翌年5月にかけて全38試合を戦います。

勝ち点は勝利チームが3、引き分けは両チーム1、となっています。

  • 優勝クラブ、2位および3位クラブには、翌年度のUEFAチャンピオンズリーグの本大会への出場資格が与えられます。
  • 4位クラブにはUEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ出場資格が与えられます。
  • 5位クラブには翌年度のUEFAヨーロッパリーグ本大会への出場資格が与えられます。
  • リーグの下位3クラブはフットボールリーグ・チャンピオンシップに降格となります。

20チームがどこにあるのか地図を貼り付けておきます。
イングランド以外にウェールズからも1チーム(スウォンジー)参戦しています。
ちなみに地図はwikiさんから頂戴しました。

f:id:lands_end:20170811012757j:plain

(引用:プレミアリーグ2017-2018 - Wikipedia

 

ブライトン&ホーブの選手について

プレミアに昇格して積極的に補強をしています。
つい先日もオランダ代表MFダヴィ・プレパーをクラブ史上最高額で得ています。

日本代表の原口が加入?なんてニュースが春先に出ましたが、残念ながら金額が折り合わなかったようです。

 

昨年のBHAFCの堅守は健在か?

昨年プレミアへの昇格の鍵となったのは堅守でした。

その堅守がちょっと心配です。DFラインに大きな変更はありませんが、GKが移籍しています。
その代役で補強したのはオーストラリア代表の正GKマシュー・ライアンです。
言語が英語なので意思の疎通にそれほど苦労はしないでしょうが・・・。
さて、昨シーズンの堅守はどうなるのでしょうか?

BHAFCを応援しておいてなんですが、今月31日に行われる日本代表とオーストラリア代表のロシアワールドカップ最終予選では、マシュー・ライアンに静かに落ち込んで欲しいのですが・・・。

 

攻撃陣はプレミアリーグで活躍出来るのか?

昨年のチーム得点王であるFWグレン・マレー(23点)、MFのアントニー・ノッカート(15点)、FWトメル・ヘメド(11点)、FWサム・バルドック(10点)、彼らは全員残留しています。

ですが、あくまでも昨年は2部です。
プレミアでどこまで通用するのか未知数です。

 

プレシーズンマッチのアトレチコ・マドリー戦の動画!

ブライトンがホームにアトレチコを招いて行ったプレシーズンマッチのハイライトを見ました。
プレシーズンマッチなので、相手がどこまで本気かは?ですが、BHAFCに対して懸念している点を更に懸念するような内容でした。

試合自体は2-3でアトレチコの勝利です。

  • 1失点目はGKのキャッチミス、こういうミスは日本代表との試合なら歓迎ですが・・・。
  • 2失点目はDFのミス、トーレスを完全にフリーにしている。大丈夫か?
  • 3失点目は終了間際に粘りきれずに失点。

攻撃に関してはそこそこ出来ているようでしたが、公式戦になったらどこまで通用するのか判りません。
動画を貼っておきますので、興味のある方は是非!

 

2017-18年イングランドプレミアリーグの開幕戦の組み合わせ

20チーム10組み合わせの試合一覧は下記の通りです。
時間はイギリス時間です。

8/11 19:45 アーセナルArsenal対レスターLeicester City
8/12 12:30 ワトフォードWatford対リバプールLiverpool
8/12 15:00 チェルシーChelsea対バーンリーBurnley
8/12 15:00 クリスタル・パレスCrystal Palace対ハダースフィールドHuddersfield Town
8/12 15:00 エバートンEverton対ストークStoke City
8/12 15:00 サウサンプトンSouthampton対スウォンジーSwansea City
8/12 15:00 ウェストブロミッジWest Bromwich Albion対ボーンマスBournemouth
8/12 17:30 ブライトンBrighton & Hove Albion対マンチェスターCManchester City
8/13 13:30 ニューカッスルNewcastle United対トットナムTottenham Hotspur
8/13 16:00 マンチェスターUManchester United対ウェスト・ハムWest Ham United

 

日本とイギリスの時差の計算

日本とイギリスの時差は8時間です。

例)ブライトンの開幕戦で計算します。
イギリスの8月12日17:30は日本の8月13日01:30となります。

ちなみに、時差の計算は下記のサイトを使うと便利です。
サッカーの時だけでなく色んな時に役立ちます。

www.time-j.net

 

我がBHAFCはいきなり試練!

開幕戦からどえらい相手とやることになっています。

海外サッカーに疎い私でも、マンチェスターシティーが強いことは知っています。
監督がグアルディオラだし、選手だってヤヤトゥーレ、シルバ、デブルイネ、ジェズスにアグエロと知識の無い私でも知ってる選手がごろごろいます。

でもまあ、モノは考えようです。
いずれ戦わなくてはいけないのですから、開幕戦で相手もエンジンが掛からない時にぶつかればチャンスはあるかも知れません。チームとしても成熟してないだろうし。

それと、思いっきりぶつかってみて、今のブライトンがどれくらい通用するのか?そしてどれくらい差があるのか?などを身を持って知ることは、今後の長いシーズンを戦っていくにはきっと役立つと思います。

 

実はマンチェスターシティーに最近勝った事がある!

とても勝てそうも無い相手ではありますが、実はブライトンはマンCに公式戦で勝ったことあります。

イングランドリーグのカップ戦、日本で言えばルヴァンカップにあたるカップ戦で、2008/9年シーズンに勝っています。カップ戦の2回戦でマンCと当たったブライトンはPK戦の末に勝利して3回戦へ駒を進めました。
・・・3回戦であっさり負けたけど・・・。

リーグ戦での両チームの対戦は、1988-89年に両クラブ共にFootball League Second Division(2部)部に在籍していた時が最後です。
この時、9月にシティのホームで行われた試合は2-1でシティが勝利し、4月のブライトンのホームでは2-1でブライトンが勝利しています。

何にせよ、かなり昔の話ですけどね。

 

今シーズンの目標はUEFA主催の大会への出場権!

ようやく辿りついたプレミアリーグ残留を目標・・・と言いそうですが、夢は大きく持ちたいので、強気でいきます。

最高なのはUEFAチャンピオンズリーグ出場!
最低でもUEFAヨーロッパリーグ出場!

マンチェスター・U、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、リヴァプール、トッテナム・ホットスパーの上位6チームとは、選手個人でもチームとしての総合力でも歴然の差があることは間違いありません。

でも、他のチームが上位に食い込むことが100%不可能ではないことを、2年前、世界中のサッカーファンが目の当たりにしています。
岡崎所属のレスターの奇跡・・・。

ラグビー日本代表が南アフリカに勝ったのは史上最大の番狂わせとイギリスでは言われています。
それに比べれば・・・可能性はある!
BHAFCを信じて一年間楽しみながら応援したいと思います。

頑張れ、シーガルズ!!

 

↓オススメのサッカーブログランキングはこちらへ! 

にほんブログ村 サッカーブログ

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク