虎の城を読んだ!

虎の城(著:火坂雅志/祥伝社文庫)を読んだ! 最後に著者自身で書いたあとがきがある。『藤堂高虎は、誤解に満ちた人物である。生涯のうちに何度も主君を替え、最後は豊臣家から徳川家へ鞍替えしたあざやかすぎる転身ぶりから、「風見鶏」あるいは「裏切り者」と、評されている。』(本文あとがきから引用) まさにこの通…