lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


Road to Russia ~サッカー日本代表親善試合・ハイチ戦振り返り~



2017年10月10日、日本代表VSハイチ代表の試合が行われました。
本当に酷い試合になってしまいました。

選手選考と戦術の拙さは監督の責任
気持ちの入ったプレーが出来ないのは選手の責任
中途半端な相手とマッチメイクした協会の責任
誰か1人の問題ではなく、日本サッカー界全体の問題だと思います。

お金を払ってスタジアムに足を運んでくれたサポーターに本当に失礼です。
帰宅してから録画を観た私でさえ、怒りを覚えました。

日本VSハイチ戦を振り返ります。

 

日本代表の試合結果とスターティング&交代メンバー

日本 3-3 ハイチ
前半7分 倉田 秋
前半17分 杉本 健勇
                        前半28分 ラフランス
                        後半8分 ナゾン
                        後半33分 ナゾン
後半47分 香川 真司

スターティングと交代メンバー
GK12 東口 順昭
DF 3 昌子 源
      5 長友 佑都→後半0分 車屋 紳太郎
      20 槙野 智章
      21 酒井 高徳
MF 6 遠藤 航
      7 倉田 秋→後半14分 香川 真司
      17 小林 祐希→後半11分 井手口 陽介
FW13 杉本 健勇→後半19分 大迫 勇也
      14 乾 貴士→後半35分 武藤 嘉紀
      18 浅野 拓磨→後半0分 原口 元気

1失点までは気の緩みと考え許せる範囲でした。
しかし、続けて2失点したことで、ゲームプランは崩れました。
次々と場当たり的に投入された選手も可愛そうです。

追い詰められると、ハリルって引き出しの数が少ないのかもしれません。

 

日本VSニュージーランドの試合振り返り

簡単に試合内容を振り返ります。
思い出すとムカムカするので本当に簡単にします。

 

試合の序盤は日本ペース

レギュラーを狙う選手達の思いが優り、試合の序盤は日本が攻勢に出ます。
立て続けに敵陣内に入り込みます。
相手のDFも緩く、寄せも甘かったですが、前半7分、17分と得点すると、一気に楽勝ムードが漂い始めました。

 

トドメをさせない攻撃陣

2得点後も数多くのチャンスがありましたが、ことごとく外してしまい得点することが出来ません。
そうなると・・・
サッカーってのは何でチャンスを外しまくると劣勢になるのでしょうか?
本当にサッカーの神様っているのでしょうか?

徐々にハイチがペースを握り始めます。

 

緩慢な守備を突かれ失点する

前半28分、ボランチとCBの間のスペースを突かれて失点します。

失点シーンだけ見た人は昌子が悪いと思うでしょうが、この1失点目は昌子は悪くありません。むしろ、最後に危険な匂いを察知して必死に戻った姿を褒めるべきです。
ただし、CBは守備においてはボランチを統率する必要もあると思うので、その点では反省すべきかと思います。

 

ペースを取り戻せない日本は後半早々に追いつかれる

後半開始からSBに初代表の車屋、そして右のSHに原口を投入しましたが、流れは変わりません。
全体に漂う緩い空気がFKの際の緊張感を失わせ、あっさりと失点します。

 

慌ててメンバーを交代するハリル

同点にされるとハリルは慌ててメンバーを交代しました。
井手口、香川を投入し、更に大迫まで投入します。

ハリルさんの当初のプランではない交代だったと思います。
ですが、主力級を投入したことで、一時的に日本は息を吹き返します。

 

またしても流れを失い失点する

大迫が溜めを作るようになると、日本の攻撃が息を吹き返します。
しかし、何度か手にしたチャンスをまたしても外してしまいます。
すると後半33分。
一瞬の隙を突かれて、相手にミドルを叩き込まれます。

まさかの3失点!

 

辛うじて同点にしましたが・・・

逆転されてからもひたすらシュートを外し続ける日本。
アディショナルにたまたま香川の伸ばした足がボールの軌道を変えて同点ゴールが決まりますが、ラッキーとしか言いようがない得点でした。

結局・・・
若手主体のハイチに対し、3-3の引き分けで終わりました。

 

試合前に期待した5選手はどうだった?

試合前に活躍を期待したピックアップした5選手はどうだったのか?
答え合わせをしてみます。
かなり辛口になるかも・・・。

 

植田!こうなったら最後の最後に滑り込もう!!

試合前の記事では「今日こそは大暴れしようぜ!!」と書きました。

おい、ハリルよ!
ちゃんと心のケアはしているんだろうな?
いくら何でもこの仕打ちは落ち込むぞ。

植田、ものは考えようだ!
最後の最後にロシアの舞台に立てれば良いのだから、リーグやカップ戦で己を磨き上げましょう。

 

昌子!初心に帰れ、初心に!!

試合前の記事では「植田と共に鹿島の壁を見せてくれ!!」と書きました。

植田と組むことは出来ず、よりによって槙野とコンビを組みましたね。
どう考えても合わない2人なのにね。

今日の失点シーンは昌子だけの責任ではない。
だが、吉田が居ない時にDF陣を統率出来なかったのは事実である。
ここ最近、鹿島でも失点が多いのは昌子の不調が原因かもしれない。
代表に入るために、代表でプレーするために、泥臭く、黙々と身体を張ってプレーしていた頃を思い出すのだ!

気になるのですが、膝か腰を痛めていないか?
昌子の武器であるスピードが感じられないのだが・・・。

 

杉本!待っててもボールは来ない!!

試合前の記事では「本当にラストチャンスの気持ちで!!」と書きました。

前半序盤は自由に動き回ってチャンスを演出していたのに、失点した頃から後半に掛けては消えてしまった。

もっと動けよ!
貴方の武器は得点だけでなく、チャンスを生み出す果敢な動きでしょう?
べっとりと前に張っている姿・・・残念です。

 

井手口!攻撃のアクセントが付けられる選手に!!

試合前の記事では「ガッチリとスタメンを掴もう!!」と書きました。

球際の強さ、こぼれ球の予測の素晴らしさ、この2点は秀逸です。

あとは、攻撃能力の向上ですね。
パス、ドリブル、シュート・・・
この2戦を観て感じたのは、いずれにもレベルアップが必要だと思いました。

 

中村!残念だよ、チャンスを待とう!!

試合前の記事では「GKの世代交代のためにも踏ん張れ!!」と書きました。

東口を非難するつもりはないのですが、何でハリルは中村を使わなかったのか?
東口の能力は判っているだろうに・・・。
GKの世代交代のための絶好のチャンスだったのですがねぇ。

 

番外編!ハイチのザカリー・エリボー選手!!

8番を付けてスタメンで登場しました。
ヘアースタイルが特徴的で目立つのでテレビで見つけ易かったです。
実際のプレーはどうだったのかと言うと・・・

日本代表に是非!
と思わせるプレーは見ることが出来ませんでした。

 

日本代表の今後

10月の貴重な代表戦2試合は終わりました。
本当に残念な2試合でした。
チームが活性化するような結果に繋がらなかったのは残念です。

 

今後の日本代表の予定は以下の通りです。

  • 11月10日 親善試合ブラジル戦 フランス
  • 11月14日 親善試合ベルギー戦 フランス?
  • 12月9日 東アジアカップ北朝鮮戦 味の素スタジアム
  • 12月12日 東アジアカップ中国戦 味の素スタジアム
  • 12月16日 東アジアカップ韓国戦 味の素スタジアム
    ※東アジアカップは国際マッチデーではないのでJリーグ勢でチームを組む。
  • 3月23日頃 親善試合相手未定
  • 3月27日頃 親善試合相手未定

ワールドカップまで最大7試合です。
そのうち12月の3試合はJリーグ勢だけで試合に臨みます。
つまり、4試合しかフルメンバーで戦えません。

ロシアの地に立つチャンスは少なくなってきました。
昌子や植田、金崎にはなんとかアピールをして欲しい。
そのためには、再開するJリーグで活躍するしかありません!

リーグは10月14日から再開となります。
代表戦中断前の鹿島は調子を落としていました。
ポロポロと失点を重ねていました。
しかし、昨日のハイチ戦での昌子のプレーを見て、鹿島というよりDFリーダーである昌子の調子が悪かったのが原因だったような気がしています。

一度、休んだ方が良いのかも知れません。

 

泣いても笑っても、2017年のJリーグは残り6試合です。
川崎Fが勢いに乗っていますが、鹿島は鹿島らしく、1つ1つの試合をしっかりと勝ちきって、連覇を達成して欲しいです。

 

↓オススメのサッカーブログランキングはこちらへ! 

にほんブログ村 サッカーブログ

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク