lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に ~2017年J1第22節 鹿島VS川崎F戦を振り返る~



2017年8月13日、川崎Fのホームで鹿島VS川崎F戦が行われました。

いつかは無敗街道が止る日が来ることは判っていました。
でも、川崎相手に、そしてこのタイミングで止るとは・・・。

なぜに首位に立った次の試合で負けるのだろうか?
その点を考えると、ここ最近の連勝でチームは強くなったと感じていましたが、3連覇を果たした頃のような精神面での強さにはまだまだ及ばないのだと思いました。

振り返るのに苦痛を伴う鹿島VS川崎F戦・・・
今後の応援のためのポイントを掴むために振り返ってみます。

 

鹿島VS川崎F戦の結果とスターティングメンバー

鹿島 1 -  川崎F
         前半46分オウンゴール
         後半1分阿部 浩之
         後半27分家長 昭博
後半42分鈴木 優磨

スターティングメンバー
GK 21 曽ヶ端 準
DF 3   昌子 源
   5   植田 直通
   16 山本 脩斗
   22 西 大伍
MF 4  レオ シルバ
   11 レアンドロ→後半16分 安部 裕葵
   20 三竿 健斗
   25 遠藤 康 →後半32分 伊東 幸敏
FW  13 中村 充孝→後半11分 鈴木 優磨
   33 金崎 夢生

メンバー選考やフォーメーションについては、既に散々ネット上で紛糾しているのでここではもう深くは突っ込まない。
実際、自分の試合前の予想だってメンバーとフォーメーションを変えてました。

ただ以下の2点だけ触れておきたいです。

  • なぜ、FW特性が低い中村を2トップに据えたのか?
    →中村の特性は完全に2列目でしょ?
  • なぜ、精神的な強さをチームにもたらす小笠原を出さないのか?
    →前半戦のホームは3-0で負けています。2度負けてはいけないという強い気持ちを選手に植え付けることができるのが小笠原だと思うのですが?

大岩監督に聞けるなら聞きたいものです。
特に、小笠原の存在がこの試合では必要だったと思います。

 

第22節終了時のJ1順位表

まだ・・・首位ではある。
ですが、混沌とさせてしまった。

f:id:lands_end:20170815120645j:plain

仕方ない、目の前の試合に集中して皮算用は止めましょう。

 

鹿島VS川崎F戦の試合内容について

振り返ろうと思い、録画しておいたゲームをザッと見返しました。
本当に、泣きたくなる作業でした。
試合を左右したと思うポイントをまとめます。

 

闘う気持ちが希薄な前半

サッカーには疎い嫁さんも今回はテレビ放送があったので一緒に観戦していました。
その嫁さんの一言が全てだと思います。
「なんだか、鹿島の選手の動きがトロイね。ダルそうと言うかやる気なさそう」
酷い発言だと思います。
でも、もう一度試合を見直してみると「言い得て妙」だったと思います。

  • ボールへの寄せが甘い
  • 選手の動きに「気迫」を感じない
  • 相手の勢いに圧倒されている

第12節にホームで3-0の惨敗を喫した相手に絶対にリベンジする!
そういう強い気持ち、闘う気持ちがあれば、前半のような気持ちの入らないプレーにはならないはずなのに・・・。
だから、小笠原が必要だったと私は思います。

例え結果が同じでも、気持ちを出して闘えるかどうかは重要だから。

 

前半終了間際、後半開始直後の失点

悪いなりに必死に耐えてきたDF陣ですが、ベンチの指示で3バックにしたことで混乱を来たし、2列目、3列目から飛び込んでくる相手への対応が遅れがちになっていました。

1点目は結果としてはオウンゴールだけど、あれば西を責められない。

  • 家長に楽にパスを出させたこと
  • 植田が中に釣られたこと

それで勝負アリでした。

2点目戦犯は遠藤
あまりに軽い守備で交わされ、楽にセンタリングを上げさせてます。
そして、ペナルティに入ってくる阿部に誰もついていない!
あれだけフリーなら落ち着いてコントロールショットを打てます。

ソガさんからしたら悔しくて仕方ない一撃だったと思います。

 

交代選手がチームのエンジンを始動させる

後半の頭からスパッと代えても良かった思います。
それくらいこの日の中村は酷かった。

鈴木投入後、明らかに前線へのボールが出されるようになり、チームが前向きにプレーするようになりました。

投入直後の右サイドからセンタリングを金崎が決めていれば、一気に流れを引き寄せられたと思います。

鈴木のあとに投入された安部も鹿島の中盤に勢いをもたらしました。
後半20分のチャンスを決めていれば、鹿島に流れが来たはずでした。

 

鹿島のやる事は全て外れ、川崎がする事は全て決まる

鹿島のチャンスは悉く潰えますが、川崎はキッチリと仕留めます。

後半27分、家長の3点目で試合はほぼ決まりました。
この3点目の失点も戦犯は遠藤です。
あの守備はペナルティエリア内での守備ではありません。プレッシャー弱すぎです。
その上、シュートがよりによって最高のシュートであったのは不運でした。

鹿島がすることは悉く悪い結果となり、川崎のすることは悉く良い結果となる。
「運」と言えばそれまでですが、私はそう思いません。
「闘う気持ち」が薄いチームに「サッカーの神様」は微笑みません。

それが全てではないでしょうか?

 

一矢報いた事が次節に繋がると信じたい

鈴木と安部が投入されてから、3失点目を喫しはしたが鹿島が流れを引き寄せていました。
攻撃に連動が生まれ、次々と川崎Fのゴール前に選手が飛び出していきました。
ただ、残念ながら3失点目が致命傷でした。

優磨が一矢報いてくれたことが、せめて次節の清水戦に繋がってくれれば幸いです。

 

第22節 鹿島VS川崎F戦のハイライト動画

ハイライトを観れば観るほど怒りと悔しさがこみ上げてきます。
ですが、今年最後に笑うための戒めとしてここに掲載しておきます。

 

試合前に期待した鹿島の5選手について

試合前に書いた記事で注目する5選手をピックアップしました。
彼らがこの試合でどうだったのか?
答えあわせをします。

 

金崎!せめて1点は決めて欲しかった!!

「代表入りをその手で掴んでくれ」と書きましたが微妙な結果になりましたね。

  • 前半ゴールまで浮き球を逃した
  • 後半12分優磨からのセンタリングを決められず
  • 後半終了間際ペナルティ中央で打つもGK正面

3つのチャンスのどれか一つは決めて欲しかった・・・。

まあ、清水戦で頼みます!

 

レアンドロ!だからキレるなと言ったでしょ!

「くれぐれもキレないように!」
忠告したのに、キレましたね。

前半36分のドリブルを倒されたシーンはファウルだと思う。
思うけど、それで切れて相手にラフプレーを連発してカードを貰ってどうするの?
そんな状態では冷静にピッチの状況を見てパスなんか出せないでしょう?

本当にガッカリしました。

頭を冷やしてくれ!

 

遠藤!弱い、弱すぎるよ守備の意識が!!

「カードを貰わずに熱く戦え!!」と書いたのですが・・・
熱く戦いましたか?

遠藤のスタイルではないのかも知れないけど、でも、熱く粘り強いプレーをすれば、失点を防げたのではないでしょうか?

あまりに軽いプレーにがっかりです。

 

安部!シュートはゴールへのパスだって・・・

「必ずチャンスがあるからゴールを決めろ!!」と書いたのですが・・・
決められませんでしたね。

今のところ、出場すればチームの雰囲気を変える何かを持っています。
ですが、ここで一皮剥けるにはやっぱりゴールでしょう!
後半20分、33分のチャンスで決めて欲しかった。

次節に期待します。

 

植田!3失点では代表入りが遠のくよ・・・

「日本代表に殴り込むなら最後のチャンス!!」と書きました・・・
今回の試合、DF陣は奮闘したと思います。
ですが、1失点目は植田のポジショニングミスでもあると思います。
ハイライトを何度も観ましたが、家長がパスを出した瞬間、後ろに居る大島から外れていますよね。

まあ慣れない3バックではありましたが、あそこはケアして欲しかったです。

悔しいです!

 

試合前にデータを元に考察したポイントについて

試合前の記事では、鹿島が勝つためのポイントを攻守両面で上げてみました。
答えあわせをしておきます。

 

攻撃面はスルーパスとショートパスが鍵!と書いたが・・・

外れましたかね・・・。

鹿島の得点は三竿からのクロスだし、それ以外にも鈴木や伊東のクロスでチャンスを作っていました。
鹿島がこの試合で注力すべきはクロスだったのかも知れません。

実際、川崎の守備はクロスに対してはかなり緩かったように思いますので。

 

守備面はセットプレーとクロスを抑えることが鍵!と書いたが・・・

これは当たったような気がします。

1失点目も2失点目もクロスと言えばクロスですよね。
あれほど楽にクロスを上げさせてはイカンですね。

3失点目は家長の個人技ですね。

 

鹿島の今後について

第12節の川崎F戦で3-0の敗戦を喫してから、リーグでは大岩監督の元で9試合を無敗で走り続けてきました。
そして10試合連続無敗を掛けた試合が再び川崎F戦でした。
リベンジどころかまたしても惨敗し、無敗街道も止められてしまいました。

でも、まだ首位です!
残り12試合を全て勝てば良いのです!!
気を入れなおして目の前の試合を一つ一つ勝っていきましょう!!!

  • 8月19日ホームで清水戦
  • 8月26日アウェイでセレッソ大阪戦
  • 8月30日アウェイ(ルヴァンカップ準々決勝 第1戦)仙台戦
  • 9月3日ホーム(ルヴァンカップ準々決勝 第2戦)仙台戦
  • 9月9日ホームで大宮戦
  • 9月16日アウェイで新潟戦

月末のセレッソ戦を優位な状態で闘うためにも、次節の清水戦は勝ってくれ!
ホームなんだから、勝ってくれ!

行くぞ!
再び無敗街道を走れ、アントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク