lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2017年第17節 鹿島VS柏戦 振り返り



2017年7月2日に行われた柏との一戦は、今年見た試合で最も興奮した試合の1つでした。鹿島のチームとしての出来はイマイチだったかも知れませんが、試合の結果は最高でした。
その興奮の元となったゴールシーンをまとめた日記を昨夜掲載しました。

ジーコと共に~ヨッシャー!首位柏を撃破!!~ - lands_end’s blog

今日は、少し落ち着いたので、改めて試合内容を振り返りたいと思います。

 

試合結果とスターティングメンバー

鹿島 -2 柏

GK  1 クォン スンテ →後半4分 曽ヶ端 準
DF  3 昌子 源
     16 山本 脩斗
   20 三竿 健斗
   22 西 大伍
MF  4 レオ シルバ
     6 永木 亮太
   11 レアンドロ →後半39分 伊東 幸敏
   13 中村 充孝 →後半29分 土居 聖真
FW  7 ペドロ ジュニオール
   33 金崎 夢生

試合前に掲載した予想スターティングでは、大一番の試合なので永木ではなく小笠原を選択していました。
ですが、昨日の試合のテンポを観る限り、永木で正解だったのかもしれません。

 

鹿島VS柏戦の試合感想

試合終了から寝るまでは、興奮しすぎていて冷静に振り返ることは出来ませんでした。
一夜明けて、少しは冷静さを取り戻したので、試合内容を振り返ります。

 

前半 攻撃の波に乗れない鹿島とあっさり先制した柏

前節の新潟戦みたいに、「攻撃がどうにもならない」酷さは感じませんでした。
ただ、前節と同じく、やはり攻撃にリズムを生み出す選手が居ないのは、上位チームとの対戦では致命傷では無いかと悲観する内容でした。

柏にはそれほど攻められた印象は無いのですが、あっさりと先制点を許してしまいました。
スンテさんのミスではないのですが、重心を左に傾けた瞬間に反対側の右側にシュートが来たために、全く対応出来ないでゴールを割られました。

その後、鹿島も何度か攻撃を仕掛けますが決定的なシーンを作ることが出来ませんでした。ペドロからレアンドロへ出たパスをGKを交わしてシュートしたシーンが、可能性を感じた唯一のシーンだったように思いました。

 

後半 反撃する間もなくスンテを失う

優勝戦線に踏み止まるにも、まずは同点、そして逆転を目指して後半のピッチに立った鹿島イレブンをアクシデントが襲います。
後半4分、相手のシュートをファンブルしたスンテが、ボールを必死に押さえ様とした所に押し込もうとした柏の選手が飛び込んできて・・・。
左手の親指付け根を負傷して交代となってしまいました。

 

危機感が選手・サポーターを一丸にさせた

痛い思いをしたスンテさんには気の毒でしたが、結果的に彼の負傷退場が鹿島の選手とサポーターに火を着けました。

スンテさんが退場した時、「こういう時に鹿島は無類の強さを発揮する!!」と叫んでいました。あとで、嫁さんに「うるさい」と怒られました。
でも、本当に不思議なのですが、スンテさんが退場するシーンを見て思ったのです。
「今日は勝つ!」

 

エース金崎弾、炸裂!

皆の思いを乗せたスーパーシュートがエースの右足から生まれました。
多分、相手GKの中村も、異次元のスピードだったと思います。
あれを体験した彼は日本代表GKとして更に成長し、やっかいな相手になりそうです。

まだ見ていない人は、ぜひ下の動画で確認してください。凄いです!

 

永木、鹿島でのリーグ初得点!

本人も「狙ったわけではない」と言ってましたが、絶妙なFKがそのままゴールに吸い込まれていきました。
基本的にはGK中村の目測ミスだと思いますが、永木のFKそのものが通常とは異なる軌道を描いていたように思います。
数十本蹴って一本あるかどうかのFKだと思います。

そんなゴールが生まれる事態が普通ではありません。
「やっぱり今日は勝つ!」
そう思いました。

 

柏に追いつかれるも負ける気はしない!

天敵・伊東が右サイドから仕掛けてきて、曽ヶ端の判断ミスもあって、最後はクリスランに決められてしまいました。
曽ヶ端の試合感の欠如が出たシーンだと思いました。
DFも居たのだから、あの場面は飛び出さなくても良かったように思います。

あっさり同点に追い付かれましたが、それでも信じてました。
「今日は勝てるはず!」

 

ペドロ絶好調!3戦4発!!

アウェイ席に駆けつけた鹿島サポーターに歓喜をもたらしたのは、最近好調を維持しているペドロでした。
左タッチライン際でボールを得ると見事な切り返しとドリブルでペナルティに進入し、迷うことなく右足を振り抜きます。するとDFの足に当たったボールの軌道は奇跡の回転を生み出し、左ポストへ直撃してゴールへ吸い込まれていきました。

この瞬間、私は声にならない絶叫を上げ、「PCの前で1人で歌いながらジャンプ」をしていました。

夜、鹿島のホームページに掲載されている写真が、ペドロと鹿島サポーターの気持ちがよく現れている最高の1枚だと思いました。
鹿島のホームページからお借りて、掲載します。

photo

www.so-net.ne.jp

 

鹿島VS柏戦の総括

さて、冷静になって試合を振り返ると、喜んでばかりはいられない内容でした。
特に気になった3つの点をピックアップ。

 

その1 本職のCBを補強すべきでは?

やはり試合前に危惧していたように、三竿のCBには不安要素が満載でした。
ボランチでプレーしている時には悪い印象は持たなかったのですが、CBは簡単に兼任できるポジションではないようです。
相手のクリスランのプレーに翻弄されていました。

  • 足を出したら出したタイミングで交わされ
  • 足を出さないと相手のタイミングで抜かれ

「あ~、あ~」と何度も唸ってしまいました。

夏の補強で考えるべきはCBかも知れません。

 

その2 溜めを作れる選手が必要では?

昨日の結果だけを見れば3-2の逆転勝ちで強さを発揮したように思います。
しかし、チームとして競り勝ったと言うよりも、ポテンシャルの高い選手達がその能力を如何なく発揮した結果とも思えます。

個人技だけで、長いシーズンを勝ち続けることは出来ないと思います。
そう考えると、中盤で攻撃のタクトを振るう選手が必要ではないかと思います。

夏に補強するポジションとしてはCBと同等かも知れません。

 

その3 柏・・・強いし良いチームです

若手主体のチームで、勢いだけで勝ってきたのか思っていたら、そんな事はありませんでした。

  • 攻守両面においてチームとしてすべき事が徹底されている
  • 攻撃の核となる選手がいる
  • DFとGK(昨日はミスしたが)がしっかりしている

総合的に考えるとやはり首位に居るチームだと思いました。
後半戦、ホームで戦う時には気を引き締めて臨まないと、リベンジされる可能性が高いと思いました。

 

試合前に注目した3選手

試合前の記事で鹿島の注目する3選手を取り上げました。
鹿島が勝つには彼らの活躍が必要だと考えて取り上げたのですが・・・。
答えあわせをしてみます。

 

ムーちゃん、ありがとう!

文句なしです。
最高の一撃でした。

大岩監督がコメントしてますが、「チームやスタジアムの空気を一変させる一撃」でした。

エースだよ、ムーちゃん。
なかなかアレほど威力を伴ったシュートは見れないと思うので幸せでした。

 

レアンドロ、数字で結果は出ていないけど確かな手応えあり

アシストや得点と言った判りやすい結果は出ませんでした。
ですが、中村と頻繁にポジションを交代して攻撃にアクセントを付け、懸念でしたすばやい攻守の切り替えにも取り組んでおり、チームに好影響を与えていたと思います。

残念ながら、中村の調子が悪く、広島戦で見せたような連携が生まれませんでしたが、ペドロとは本当に息が合ってきたように思います。

蒸し暑さが酷くなる夏場に、欠かせない選手になってきました。
今後の更なる活躍を期待します。

 

昌子、やはり身体に疲れが溜まっている?

不慣れなCBでプレーする三竿をカバーしながらプレーしていたので、負担が大きかったのだと思いますが、昌子の武器であるスピードが失われているように思いました。
間違いなく、疲労が蓄積しているのだと思います。

昌子が負傷離脱したら、優勝戦線に赤信号が灯るので、本当であれば少し休んで欲しいと思うのですが・・・、替りがいません。
リアルに本職のCBがいません。

首脳陣もこの点は考えているのでしょうが、心配です。
水曜のガンバ戦、土曜のFC東京戦まで戦ったら、天皇杯は休ませましょう。

後悔先に立たず・・・はイヤですよ。

 

鹿島の今後について

地獄のアウェイ3連戦(天皇杯を含めたら4連戦)の初戦を見事に逆転勝ちしたことは、この先の試合への弾みに繋がると思います。

出来ればガンバ戦に勝利して、前半17試合終了時で首位に立ちたいですが、今年は2シーズン制ではありません。
ゴールはまだまだ先なので、選手の体調を管理しつつ、連覇のために1点ずつでも良いから勝ち点を積み上げることが重要だと思います。

  • 7月5日アウェイでガンバ大阪戦
  • 7月8日アウェイでFC東京戦
  • 7月12日天皇杯3回戦アウェイでモンテディオ山形戦

そのあと約2週間のサマーブレイク

 

台風の動きが気になる水曜のガンバ戦ですが、相性の良い吹田スタジアムで鹿島の攻撃陣には爆発して欲しいと思います。何しろ植田が間に合わなければ、依然としてDF陣には不安が残りますので・・・。

それと、柏戦でフル出場したレオさんは、休ませた方が良いと思います。
更に、スンテさんの状態も気になります。無理はしないでください。

ガンバ戦では、柏戦では出場の無かった小笠原や遠藤に期待します。
チーム一丸、まさに総力戦です!!

勝て、
勝ち続けるのだアントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク