lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~2017年J1第16節 鹿島VS新潟戦 振り返り~



2017年6月25日、J1リーグ第16節が開催されました。
大岩新体制になってから4試合目(リーグは3試合目)です。
水曜に天皇杯があったので、選手の体調も考慮して大幅に選手を入れ替えて臨む試合となりました。

7月上旬のアウェイ3連戦に勢いに乗って臨みたいので、しっかりと勝って欲しいと思っていましたが・・・。やっぱり勝負事はやってみないと判らないものですね。

鹿島vs新潟の感想をまとめてみます。

 

試合結果とスターティングメンバー

鹿島  - 0 新潟

GK  1 クォン スンテ
DF  3 昌子 源
    5 植田 直通
   16 山本 脩斗
   22 西 大伍
MF   11 レアンドロ
   13 中村 充孝
   20 三竿 健斗
   40 小笠原 満男→後半36分 レオ シルバ
FW  7 ペドロ ジュニオール→後半43分 遠藤 康
     8 土居 聖真→後半13分 金崎 夢生

予想したとおり、前節からGKがスンテになっただけでした。
また、ネットでも出ていたようにレオがメンバーに復帰していました。
その結果、天皇杯でフル出場したのが理由かも知れませんが、永木がベンチ外になっていました。
また、もう1つ気になったのが、FW陣のベンチ入りメンバーです。
金森、安部、金崎・・・奴がいませんね。
鈴木にとってはここが正念場かも知れません。

(ベンチ入りメンバー)
曽ヶ端 準
伊東 幸敏
レオ シルバ
遠藤 康
金森 健志
安部 裕葵
金崎 夢生

 

鹿島VS新潟戦 試合感想

試合内容について振り返るとします。
昨日は勝つには勝ちましたが、凡戦でした。
新潟に決定力と少しの運があれば、鹿島は酷い結果になったと思います。

 

前半、広島、札幌戦のような連動性がない

前節の札幌戦、そして大岩体制初戦の広島戦のような連動性がありませんでした。
1人1人のボールを持った時の動きはそれほど悪く感じられませんでした。ですが、FWとMF、MFとDFの間の連携が悪すぎです。

誰かがボールを納めてパスしてくれると考えて、誰もその役をしない・・・
そんな感じでした。
選手の距離感と動き出しが鈍い所為でセカンドボールは悉く拾われ、よく失点しなかったと思う前半でした。

 

何故にミスが続出するの?

天皇杯に出て中3日で試合に臨んでいるのであれば、多少、疲れもあるかと思います。
ですが、昨日の新潟戦のメンバーで連戦になったのは植田だけです。
そう考えると、パスミス、トラップミスの多さはちょっと異常でした。
特に目に付いたのが、西と土居彼らの出来は最悪だったと思います。

 

後半、鹿島が改善したと言うより単に新潟が疲れただけ

昨日のような試合の時は、セットプレーは大きなポイントになります。
実際、CKから得点が生まれています。
ただ・・・
昨日の場合は鹿島の動きが改善されたと言うよりは、単に新潟の選手に疲れが出たように思います。
あとは、リーグワーストの失点数である新潟の守備の甘さかも知れません。

 

何とか勝った・・・そんな印象です

スコア上は2-0で快勝・・・みたいですが、実際は酷いものでした。
何とか勝った!
そんな印象です。

とにかく中盤でボールを保持できないので、
攻撃は単発になるし、
単調なパスは読まれてカットされるし、
散々な出来でした。

正直、あのようなチーム状態では、上位陣と戦ったときにサンドバックのようにシュートを打たれそうな気がします。

これは自分の考えですが、昨日のような試合の時には、中村とレアンドロのどちらかを、ある程度溜めの作れる遠藤と変えた方が、チームとしては落ち着くのかも知れないと思いました。

しかし、札幌戦みたいな状態の時には、遠藤が入ってスピードダウンした印象が強かったですし、なかなか難しいですね。

とにかく、今シーズンが始まった頃から言っているように、
「中盤でボールをさばける人」が必要だと思います。

レオ・シルバの使い方が鍵になるのかも知れません。

 

試合前に期待した6選手はどうだったか?

新潟戦の前に期待している6選手を紹介しましたので、彼らの今日の試合での動向を追ってみます。

 

ペドロ!昨日はハット狙えたでしょ!!

あの場所に居て先制点を決めてくれたことは本当に良かった。
2戦連発でゴール決めているのも悪くない。

しかしだ!
昨日はハットトリックすべき試合でしたよね?

1つ目は自分でDFからボールを奪い、GKと1対1になって外したシーン!
左に金崎がフリーでしたが、あそこはFWだから自分で打っても良い。ですが、決めなくてはダメでしょう?

2つ目は中村と1・2で抜け出したシーン。多少難しかったかも知れないけど、あれも決めるべきだよ!

ボールもロストするけど点を決めてくれれば、それは帳消しになりますから。
次の柏戦、多くのチャンスはないはずです。
逃さずにキッチリと仕留めてください。

 

レアンドロ!ナイスシュートだけど、もう少し守備を頼むよ!!

ペドロのスルーパスに走りこみ、右足で絶妙にボールを浮かしてゴール!
待っていましたよ!
私達はそのブラジルラインをどれだけ待っていたか・・・。
石井さん、無念だよね・・・。

レアンドロの技術は本当に高いと思います。
パスやシュート、ドリブルやトラップ、高い水準にあると思います。
それと、走り込むタイミングや位置を見極める臭覚も高いと思います。

ただし、2つ不満点があります。
1つ目は、不用意なボールロストをすることがある点。
場所によっては命取りだよ・・・。

2つ目は、守備が軽い時がある点。
あっさりと抜かれたりするのは止めて欲しい。

攻撃には欠かせない選手になってきたからこそ、守備力が重要になります。
頼みますよ!

 

中村!見慣れた中村さんに戻りつつあるような・・・

前半、収まらないボールを何とか受けようとポジションを頻繁に変えていたのは判ります。判りますが、多分、その役は中村ではない方が良いのかも知れないと思いました。
スピードダウンしてしまうと貴方の良さが消されてしまう様に思います。
ワンタッチ、ツータッチでパスを繋いで前に出る事が出来る時、彼の良さは活きる様な気がします。

後半ペドロと見せた1・2などは最高でしたよね。
調子は悪くないようですので、柏戦に期待しています。

 

安部!昨日の土居と金崎の状態が続くならチャンスあり!!

残念!
出場機会がありませんでした。
でも、鈴木をベンチ外に追いやってベンチ入りを掴んだのは、偶然ではありません。
土居と金崎が本調子ではない今なら、チャンスはあると思います。
練習から猛アピールして頑張ってください!

 

植田!昌子が居るから無難に出来るのは如何なものか・・・

天皇杯2回戦のマルヤス戦では、経験不足のブエノを従えてDFラインをコントロールして欲しいと願ったのですが、結果は無残なモノでした。失点こそしなかったですが、DFラインのコントロールどころか、己自身のプレーも緩すぎてミスを連発するなど散々な出来でした。

その点、新潟戦では目立ったミスは殆どありませんでしたが、昌子がコントロールしているから無難に出来るのですか?

植田には、DFラインを統率するだけの力量を身につけて欲しいと思います。
昌子が居るうちに・・・。

 

スンテ!右足首は大丈夫?

本当にハイボールは強いですね。
弾くだけではなく、キャッチ出来るところが本当に魅力です。
それと、コミュニケーションの部分でもスンテさんの明るさが上手く発揮されているように思います。
後半始まる直前に、レアンドロに話しかけているスンテが映りました。
日本語?英語?まさかポルトガル語ではないでしょうが・・・、メンバーに声を掛けてるスンテの姿に頼もしさも感じました。

だからこそ、右足首の状態が心配です。
終了間際のゴールキックも左足で蹴っていたし、大丈夫でしょうか?
しっかりケアして、柏戦に備えてください。

 

鹿島VS新潟戦で気になった2選手

試合を見ていて気になった選手が2人いました。
彼らの調子が上がらないと、一年という長丁場は戦えないし、上位陣との戦いには欠かせない選手だと思うので、本当に心配です。

 

土居!単に疲れているだけなのか?

私の中での土居は昨年の1STシーズンがベストです。
金崎との2トップは本当に素晴らしかったと思います。何で2ndで解消してしまったのか、石井さんの采配の謎な部分でした。
それでも、CWCや天皇杯での土居のプレーは、進化を遂げているように感じていたのですが・・・。2017年のサイドへの転換は失敗だったのでしょうか?
今年に入ってから、土居が輝いた試合はごく僅かしかないと思います。
大宮戦で点を決めた時のような躍動感を、今年は殆ど感じられません。
そればかりか、ミスして失点に絡むシーンが多いような気がします。

  • どこか悪いのか?
  • 体調が悪いのか?
  • 心が優れないのか?

7月頭のアウェイ3連戦が終わったら、思い切って長期休みを取って心身のメンテナンスもアリだと思います。

勝負の10月、11月に万全の状態で戻れるのであれば・・・。

 

金崎!そんな貴方を見たくないよ!!

昨日、不調の土居に代わって投入されましたが、そのプレーは目を覆いたくなるような状態でした。

  • 身体のキレを感じられない
  • ポストプレーで身体を当て負ける
  • ルーズボールの競り合いで勝てない

自分の中の金崎のベストは、チャンピオンシップ第2戦での姿です。

  • 苦しい時にボールを収める
  • 皆が上がる時間を作る
  • 1対1では絶対に負けない気迫
  • ゴール前に何度も飛び出す動き

どれも昨日の試合では感じられませんでした。

足首の状態はそんなに悪いのですか?

昨日の状態なら、土居と同じく長期休暇もアリだと思います。

そして、勝負の10月以降に「あの金崎夢生」が戻ってきてくれるなら・・・。

 

鹿島の今後について

いよいよ、何度も書いてきた「地獄のアウェイ3連戦」に突入します。
天皇杯を入れれば4連戦だけど、リーグの3連戦とは正直相手のレベルが違いすぎます。

  • 7月2日アウェイで柏戦
  • 7月5日アウェイでガンバ大阪戦
  • 7月8日アウェイでFC東京戦
  • 7月12日天皇杯3回戦アウェイでモンテディオ山形戦

そのあと約2週間のサマーブレイク。

柏とガンバ戦が終わると折り返しです。
開幕戦で悲しい思いをしたFC東京戦・・・
相手のホームで必ずやり返してください!

 

レオ・シルバが戻ってきたのは嬉しいニュースですが、
スンテさんの状態が気になります。
そして、土居と金崎の調子も気になります。

現時点での総力を結集して、7月2日からの3連戦を勝ち抜いて欲しい!
この3連戦はリーグ戦ではない!
トーナメントと思って一戦必勝で勝ち上がって欲しいです。

勝て、
勝ち抜くんだアントラーズ!!

 

↓オススメの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ!

鹿島アントラーズブログランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク