lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


未破裂脳動脈瘤と闘う ~入院3日目。夕飯が出たけど・・・食えるかよっ!!~



この一連の記事は、2015年春に見つかった未破裂脳動脈瘤を、
2016年春に『開頭クリッピング手術』を受けて治療した闘病記録です。

前回の記事は『術後のトイレ事情』についてまとめました。

未破裂脳動脈瘤と闘う ~入院3日目。手術後のトイレ事情はどうなっていたのか?~ - lands_end’s blog

今回の記事は『手術2日目の夕食』についてまとめてみます。
ちなみに手術2日目の昼食の件も別途まとめています。

未破裂脳動脈瘤と闘う ~入院3日目。昼飯が出たけど・・・食えるか!!~ - lands_end’s blog

果たして、手術2日目の夜、様々な痛みに苦しんでいる患者に提供された夕食とはどんな物だったのか?

まとめてみます。

 

昼食と同じく普通の食事が提供されました

切開した傷口が痛いのに、
特に顎の筋肉が切断されていて痛いのに、
噛むどころか口を開ける事すら辛いのに、
普通の食事が提供されました。

はっきり言いますが、これは酷い扱いです。
食えるわけないだろ・・・。

ちなみに看護師たちは「いつでもヘルプするから呼んでくださいね」とは言ってくれます。ですが、もっと重症の患者も居る中ではとても呼べません。

ベッドを少しだけ起こして、自力で食す事にしました。

 

手術2日目夜の献立

献立をまとめておきます。

  • ほうれん草のおひたし
  • 味噌汁
  • 鶏肉のぶつ切りとジャガイモの煮物
  • 白米1膳

こんな感じです。
鶏肉のぶつ切りは2cm位の大きさですが、それすらも口に入りません。
ましてジャガイモは4cm位はあり・・・。
もしも元気があったら掴んで投げていたと思います。

ほうれん草を少し食べ、味噌汁を半分くらい飲み、ご飯を2口(多分20粒程度)だけしか食べられませんでした。

 

吐き気は依然として続く

胃に何も入れなければ問題ありませんでした。
ですが、たとえ水であっても胃に入れると吐き気を感じます。
昼食の時には吐いてしまいましたが、夕食時には何とか持ちこたえました。

手術2日目まで、私はこの吐き気に悩まされました。
これは個人差があるようです。
もっと酷い人も居るし、術後から吐き気が無い人も居るそうです。

 

食欲と喉の渇きはあまり感じない

この時点ではまだ点滴をしているからだと思いますが、食欲も喉の渇きもそれほど感じることはありませんでした。
ご飯のトレーが目の前に置かれると、少しお腹すいたな?と思う程度でした。
しかも、お腹に入れると吐き気を感じていましたので。

医者には「吐き気を感じるのは特に異常ではありません」と言われましたが、本当にこの吐き気には悩まされました。

 

次回は『未破裂脳動脈瘤と闘う ~入院3日目。手術後2日目の夜は寝れなかった~』です。

 

↓色々な病気と戦うブログランキングはこちらへ!

病気ブログランキング

 

↓応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク