lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


Road to Russia~サッカー日本代表親善試合 日本VSシリア 振り返り~



ロシアワールドカップ最終予選・イラク戦の予行演習とされた親善試合が、7日夜に味の素スタジアムで開催されました。

  • スターティングメンバーを見た時にも不満を感じました
  • 前半が始まってからもプレー内容に不満を感じました
  • あまりの酷さに途中で観るのを止めようかと思うほどの出来でした。

でも、昌子大迫が出ているから応援しようと思い観戦を続けたのですが・・・。

昨日のシリア戦を観戦し、感じたことをまとめます。

 

試合結果とスターティングメンバー

日本 1 - 1 シリア

GK 1 川島 永嗣
DF 3 昌子 源
   5 長友 佑都
  19 酒井 宏樹 
  22 吉田 麻也
MF  10 香川 真司→前半10分 倉田 秋
  16 山口 蛍→後半8分 井手口 陽介
  17 今野 泰幸→後半18分 浅野 拓磨
FW   8 原口 元気→後半13分 乾 貴士
  14 久保 裕也→後半0分 本田 圭佑
  15 大迫 勇也→後半40分 岡崎 慎司

なんで、親善試合なのにこのメンバーで臨んだのだろう?

  • 常連組みは既に十分な経験がある
  • チームでスタメン張ってる選手は疲れが溜まっている
  • チームの潜在力を伸ばせる相手ではない
    (昨日のシリアは真剣モードでしたが、南米や欧州の強豪とは比較にならない)

上記を考えたら、私には昨日のメンバー全く腑に落ちない選考でした。

例えば、吉田昌子連携を熟成させるためという理由で使うのは判ります。
でも、今野は怪我から復帰したばかりだよ?
どれだけやれるか見るのであれば、後半の途中からで良いじゃない?
それから、山口も中2日だよ?そりゃ疲れもあるだろう。
トップも原口久保からはかなり疲れを感じました。試合前に判らないのか?

親善試合という試しの場であっても、どうしても外せない選手は居ると思う。
でも、ほぼベストメンバーで臨む必要あるのかな?

本当に意味不明なスターティングメンバーでした。

 

注目した6選手について

試合前に注目した6選手について、結果をまとめます。
6人のうち、4人は出場しました。

 

昌子 残念ながら失点に絡んだのは事実

昌子は代表のCBとして十分な能力があると思っていました。
今でもその考えに変わりはありません。
それでも、日本代表というのは『得体の知れないプレッシャー』があるのでしょうね。
昨日の試合はテレビで観戦していました。画面に背番号3が映っている限りは常に昌子の姿を目で追い続けました。だからこそ気付いたのですが、試合の開始直後は本当に落ち着きがなかったですね。
キョロキョロと周囲を確認するのはいつもの事ですが、キョロキョロした挙句に悩んでいるように思いました。

  • 前に出るのか?
  • 後ろに下がるのか?
  • 寄せるのか?
  • 敢えて誘うのか?

鹿島に居る時には半ば無意識に身体が反応しているのでしょう。
昨日も、普段通りのプレーを心掛けていたのでしょうが、コンマ数秒の悩みが、動き出しの遅れに繋がり、プレーを慌しくさせていたように思いました。
まあ、昨日の試合は親善試合ですから、無理に人に合わせて昌子らしさが出ないよりは、普段の昌子を出したことで、次に繋がると信じています。

少なくとも、昨日の吉田の出来を見る限り、昌子が極端に悪いとは思えません。
ただし、低いところにレベルを設定して満足していても仕方ないので、
イラク戦では吉田と昌子でしっかりとゴール前に蓋をして、昨日の試合で昌子を批判している連中を黙らせて欲しいと思います。

 

香川 無理せず怪我を治してください

3月の最終予選・タイ戦で、久しぶりに躍動する香川を観ただけに、シリア戦はとても期待していました。
大迫久保原口の3人に香川が上手く嵌ったら、どんな化学反応を起すのかな?と。

ですが、アクシデントで早々に交代となってしまいましたね。
脱臼は軽い怪我では無いけれど、骨折など長期間に渡ってプレーに影響が出るような怪我ではなくて幸いでした。
来週のイラク戦は、仲間を信じて、療養に専念してください。
最終予選の山場は、8月末の豪州戦と9月頭のサウジ戦です!
そこに照準を合わせて身体を整えてください。

 

テロに対してナーバスだろうから離脱がベター

昨日、イラク戦が行われるイランの首都・テヘランでテロが起きました。

この一報を耳にした時、頭を過ぎったのは香川のことでした。
香川の気持ちは耐えられるだろうか?と。

彼が所属するドルトムントは、今年4月にテロの標的にされました。

ボルシア・ドルトムント専用バス爆弾攻撃事件 - Wikipedia

幸いこの事件では死者は出ませんでしたが、爆発に巻き込まれた選手の1人は手首を大怪我して手術しています。
この事件は香川の心にも影を落としているだろうな・・・
そう思っていたら、リーグ終了後に彼はブログに当時の事を掲載しました。
『伝えたいこと』という題名で書かれています。
ぜひ一度読んで頂きたい内容です。
記事を読むと、事件がどれほど香川の心に大きな傷を作ったのか、そして今もそれに苦しんでいることが判ります。

ameblo.jp

何を言いたいのか言うと、今回の最終予選が行われるイランには香川は帯同しない方が良いと言うことです。
怪我の功名ではありませんが、治療に専念して欲しい。
まさに、心身ともに休ませてあげたい。そう思います。

と・・・書いていたら、離脱のニュースが!
まあ、良かった。

www.jfa.jp

 

井手口 その太太しい面構えは好きです

足を痛めた山口(これはこれで心配)に変わって、ピッチに投入されました。
代表初デビューです。
どんなプレーをするのかと思っていたら・・・。
正直な感想を言います。
羨ましい・・・鹿島にもこういう選手が育って欲しい。

太太しい面構えなら、鹿島にも1人います。強面の若鹿が・・・。
しかしながら、現時点でどちらの選手が試合に影響を与えるか?と言われたら、昨日の井手口の方が上でしょうか。

ちなみに、韓国で行われていたU20W杯の日本代表で輝いた堂安もガンバ所属ですね。ガンバとやる時には要注意ですね。

井手口ってサッカーセンスが良いのかな?
上手く試合に入りましたし、何よりボールがこぼれる所に顔を出す回数の多さが際立っていたと思います。
きっと、イラク戦も出番はあると思います。
楽しみです!

 

大迫 点取るチャンスが来なかったですね

点を取って欲しいと思っていたのですが・・・
ほぼノーチャンスでしたね。
とはいえ、大迫のキープ力、展開力は今の代表に不可欠だと思います。
イラク戦でも、間違いなく鍵となるでしょう。

あぁ・・・大迫と金崎が2トップ組んだらなぁ・・・。

 

加藤と中村の両名は出場機会なし

残念ながら話題の加藤と若手GKの中村には出場機会はありませんでした。
香川のアクシデントがなければ、チャンスがあったのかも知れませんが・・・。
イラク戦では出場の機会は無いと思いますが、次の代表招集に繋がるように練習中にしっかりとアピールしてください!

 

番外編 乾・・・凄く楽しそうだね!

試合前に注目した6選手には入れていませんでした。
(足首痛めたと聞いたので、まさか親善試合で投入するとは思わなかった)

後半13分、原口がベンチに下がると・・・
楽しそうにボールと駆け回るサッカー小僧がピッチに投入されました。

本当に楽しそうでした。笑顔が弾けんばかりで!
もちろん、技術も昨日の試合に出た選手の中ではピカ一でした。
特に、ゴールライン際で相手を交わしてドリブルでゴールに迫ったシーンは、思わず椅子から立ち上がるほどに興奮しました。

貴方のプレーが無ければ、昨日の試合は本当に凡戦でした。
ありがとう。イラク戦が楽しみになりました!

 

最終予選・イラク戦へ向けて

最終予選も残り3試合となりました。
日本は首位ですが、全く油断は出来ません。
最後の2連戦は死闘になる予感がしますので、イラク戦は何としても勝ってほしい。
どんな勝ち方でも良いから、ドサクサ紛れの点でも構わないから、
イラク戦はしっかりと勝ち点3を掴んで欲しいと思います。

先程も書きましたが、テロが起きた直後の都市に行くのは選手としても気になるところでしょう。選手の家族だって、心配でしょう。
なので、安全面に関しては日本サッカー協会がしっかり外務省と連携し、選手がプレーに集中出来る環境を作って欲しいと思います。

それから、これは完全に個人的な願いになりますが・・・
イラク戦でも昌子を使ってください。
彼の能力は『あんなもん』ではありません!

 

イランへの移動は日本から直行便がないので、結構疲れると思います。
しっかりと心身のケアをして、イラク戦に備えてください。

俺達を、ロシアへ連れて行ってください!

 

↓オススメのサッカーブログランキングはこちらへ! 

にほんブログ村 サッカーブログ

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク