読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


未破裂脳動脈瘤と闘う ~手術前1ヶ月はとても多忙なり!~



2015年5月に見つかった未破裂脳動脈瘤。
色々と悩んだ結果、
『開頭クリッピング手術』を受けることを決意したのが、2016年の10月でした。

その後、脳血管撮影検査、手術1ヶ月前の最終検査を終え、ようやく手術を受ける事に腹が据わったのが手術前1ヶ月の2016年3月上旬。手術は4月上旬・・・。

気が付くと、手術まであと1ヶ月しかない!
万、万が一の事が起きてしまうと、自分の人生はあと1ヶ月しかない。

そう思ったらやらなくてはいけない事が多すぎて、それを思うだけで多少パニック気味になりました。

 

今回の記事は、手術前に行ったことの一覧をまとめて、次回以降、詳細に踏み込んでまとめてみます。

 

手術前1ヵ月を意識してから行ったこと

時間が無い!
とパニックになりつつ、とにかくやるべきことをリストアップしようと思いました。
今回の記事は、当時の殴り書きのメモを参考にしています。

 

手掛けている仕事を手仕舞いしなくてはいけない

  • 引継ぎはどうするのか?
  • 取引先へはどう報告するのか?
  • お客様へはどう報告するのか?
  • 同僚にはどう報告するのか?

この仕事の終え方がかなり大変でした。
病気のこと、手術すること、どれ位休むことになるのか・・・
については、適宜、会社の経営陣へ報告を上げていました。

ですが、直属の上司が守秘義務を守る人であった故に、
部署内での引継ぎを、急ぎ1ヶ月で行うことになり、
私だけ無く同僚までパニックに陥れてしまいました。

もしも同じことがあるなら、過ちは繰り返さないようにしようと反省しています。

 

保険会社に再度連絡をとる

  • 手術日と病院名を伝える
  • 担当者に嫁さんの連絡先を伝えた

脳血管撮影検査の時に連絡はとってましたが、念のためもう一度連絡しました。

 

真剣な頼みが出来る友人と会ってお願いする

  • 病気の事は数名の友人にはかなり前から話していた
    (良い病院や医師を探すのに、少しでもツテがないか相談したので)
  • 友人に託した願いとは、万が一の時の仕切り
  • ショックを受けてる嫁さんが全てを行うのは難しいと思い

友人との時間は、とても大切な時間になりました。
詳しいことは、まとめの記事を書くときに述べたいと思います。

 

両親へ伝えておいたこと

  • 手術の成功の有無に関わらず。色々と迷惑を掛けることのお詫び
  • 身体に障害が残ったときのことお
  • 万が一の時の嫁さんへの手助けの依頼

40過ぎて母親を泣かしてしまい、本当に申し訳ないと思いました。

 

嫁さんに伝えたこと

●万が一の事態になった時のために

  • 保険会社の連絡先
  • 銀行口座などの連絡先

●無事に手術が終わったときのために

  • 会社への連絡
  • 親友への連絡

思い出の場所へ旅行に行った

嫁さんとの時間は本当に大切でした。
毎日毎日、尽きる事がないと思うほど、話しました。

 

自分自身のためにしておいたこと

  • 簡単な自分史の作成
  • 遺書を作成

遺書・・・に思い当たったのは、あることに気付いてからでした。
詳細は、まとめ記事を書くときに述べます。


以上のことを、術前の1ヶ月間にやりました。

本当に毎日がアッと言う間に終わってしまい、何でもっと早くから準備しなかったのかと『夏休みの宿題に追われる小学生』みたいにブツブツと呟いていました。

 

次回、『未破裂脳動脈瘤と闘う ~仕事の手仕舞いはどうすれば?~』です。

病気と闘う人のお勧めブログランキングはこちらへ

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク