読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


ジーコと共に~ ACLグループステージ初戦 鹿島 VS 蔚山



2年ぶりのACL参戦である。
昨年末のCWCでの快進撃が幻だったと言われないように、今年は是が非でもアジアを獲ってカタールに乗り込みたい!
そのためにも、このホームで迎える初戦はとても大事なのですが・・・
鹿島が苦手にしている韓国勢というのが気になっていました。

  • 試合前のスタメンを見た時
  • 試合を観戦している時
  • 試合後の印象

この3点を自分目線で恐縮ですがまとめてみます。
尚、平日の夜は鹿島まで行けません!絶対に無理だよ・・・。くそぅ・・・。
仕方ないので、地元のバーでマスターに頼み込んで、CSにチャンネルを合わせて貰いました。ただし、音声無しの映像を観た感想なので、内容としてトンチンカンな事を書いていたらご容赦ください。

 

スターティングメンバーと試合結果

石井監督が、今年はターンオーバーして戦うと前々から宣言していましたし、先日のゼロックス戦後にもメンバーを変えると述べていましたので、どう変えてくるのか楽しみにしていました。

このゼロックスとACLのメンバーを見れば、
現状のメンバーにおける石井監督においての第1チョイス第2チョイスが判るのではないか?と考えていました。

この試合の結果とメンバーは以下の通りでした。

鹿島  2 - 0 蔚山現代

スターティングメンバー

GK 1 クォン スンテ
DF 3 昌子 源
DF 5 植田 直通
DF 16 山本 脩斗
DF 24 伊東 幸敏 →後半41分 西 大伍
MF 4 レオ シルバ
MF 6 永木 亮太
MF 11 レアンドロ →後半11分 遠藤 康 
MF 13 中村 充孝 →後半11分 土居 聖真 
MF 33 金崎 夢生
FW 9 鈴木 優磨

 

スタメンと控え見た時の感想

スタメンとベンチメンバーを見て感じたことを書いてみます。

 

優磨にとってサッカー人生を左右する大事な試合になるかも?

好調を維持していた鈴木優磨にとって、待望のスタメンでの出場です。
優磨も相当にワクワクしているでしょうが、観ているこちらもかなりワクワクしていました。
ですが、同時に不安も感じました。
この試合で結果が出なかったり、彼の不安材料であり守備の面でボロが出ると、今後の起用方法に響くだろうな・・・と。
この試合の出来次第では、彼のサッカー人生が大きく変わるかも知れないと思うと、期待半分、不安半分でした。

 

中村とレアンドロで2列目は大丈夫か?

2列目の左に中村、右にレアンドロ!

正直、不安で一杯でした。
昨年の中村さんを観ている限り、2列目として期待される動きは、土居や遠藤には遥かに及ばなかったと思いますし、レアンドロは新加入で未知数過ぎます。
そんな2人にドーンと2列目を預けてしまう・・・
しかも大事なACLの初戦で!

まあ、石井監督を信じるしかないと思いましたが、不安で一杯でした。

本当にこの2人で、連動した攻めが繰り出せるのか?と。

 

永木とレオ・シルバは上手く噛み合うかな?

先日のゼロックスでの永木の出来がイマイチだったこともあるのですが、中盤の底が永木とレオ・シルバで上手く噛み合うのか心配でした。
ゼロックス観て感じたのが、レオの守備はスッポンスタイルで、喰いついたら離れない感じが見て取れました。
私的な見立てですが、永木もどちらかというと喰いつき型だと思っているので、その2人を底に配置して、2人とも喰いつきに行ってしまったら、最終ラインの前にポッカリとスペースが生まれそうで恐いな・・・と。

 

金森どうした?

控えに金森の名前がありません。
う~ん、まだチームに馴染んでないのか?
それとも、まだ実力不足と見切られたのか?
単に、控えは中盤を厚くしたので外れたのか?

まあ、リーグ開幕戦まで様子を見てみましょう。

 

試合中に感じたこと

試合を観ながら感じたことをまとめてみます。
尚、バーで音声無しで観ていてので、気になったシーンを時間と共にメモしておいたのですが、間違っていたらすいません。

 

前半5分 連携甘くないか?

イキナリの大ピンチだったと思います。

裏に出されたボールに対して、昌子と山本(未確認)が2人ともゴール前に戻ってしまって、相手の方に詰めるのが遅れました。
相手も、まさかフリーになるとは思っていなかったのか動きがもたついた分、幸い失点しませんでしたが、連携がお粗末過ぎると感じました。
昌子と山本なのに、です。

スンテがもっと怒ってもいいのでは?と感じました。

 

前半32分 スンテさんナイス!

観ていて『アウッ!』って声出ました。ヤラレタ・・・と。

それを救ってくれたスンテさんナイスです。

リプレイで観ると、相手選手の足が詰めている中でダイブしていて、勇気と根性を備えたGKであることを私達に見せてくれました。

 

前半36分 優磨・・・決めてくれ!

レアンドロからの絶妙なパスをトラップしてシュートまで、一連の流れは悪くはなかったと思います。ただ、打つタイミングがGKの呼吸に合ってしまったのでしょうか?

でも、決めて欲しかった・・・。

 

前半40分 レアンドロのミドル!

枠は外れました。

外れましたが、今の鹿島に最も足りないと思うのはミドルなので、私的にはそれを打ったレアンドロを評価したいです。
日本人選手ではあまり見られない膝から下の鋭い振りぬきと弾道は、今後の可能性を感じさせてくれるものでした。

まあ、枠には飛ばせと言いたいですが・・・。

 

前半ロスタイム スンテさんの守り

相手の低いシュートを弾いた守りが気になりました。

悪いと言う意味ではなくて、弾いた場所が、です。

弾いたボールを拾われないように、敢えて誰も居ないゴールライン際に流したのだとしたら、このGKは本当に凄いな、と。

GKの経験がある人から見たら、どうなんでしょうかね?

前半ロスタイム おいっ!レアンドロ!!

もうね、ガクッとなりましたよ。
先程のミドルで心の中で『いいね!』ボタンを連打したのに!

う~ん・・・。

 

後半開始直後 日本人でもこういうミドル打てないのか?

ハン・スンギュ選手のミドルには冷や汗が出ました。
スンテもちょっとポジションが悪かったように思います。

しかし、このようなミドルを日本人選手も打てないのでしょうか?
ハン選手は20歳だそうです。優磨と同い年です。

優磨もミドルレンジから打つようになれば、更にレベルアップすると思うのですが。

 

後半3分 レアンドロのまずい守備

あっさりと身体を寄せられてボールを獲られました。
あれはダメです。

獲られ方が悪いから、ゴール前まで運ばれピンチになりました。

レアンドロ、守備も献身的にやっていますが、ボールロストが多いと感じるのは自分だけでしょうか?

それと、彼にはいち早く、Jやアジアの審判のレフェリングに慣れて欲しいです。

ブラジルではファウルになるプレーで笛が鳴らなかったり、鳴るはずのないプレーで笛を鳴らされたり、ちょっと途惑っているのかな?と感じるシーンもありました。

イライラを募らせて、カードホルダーに成らないで欲しいです。
既にこの試合でも不満を露にしてイエロー出されていました。

 

後半9分 伊東・・・枠には飛ばそうよ!

西の替わりにスタメンで起用された伊東さん。CWCで経験も積んだのか、無難にSBでプレーしていました。

だからこそ、チャンスにしっかりと点を決めることで、西の牙城を切り崩し、スタメン起用の機会も増えると思うのですがねぇ。

 

後半17分 よかったね金崎、ようやく入ったね!

ゼロックスではゴールに嫌われ、ポストと仲良くなってしまった金崎でしたが、この人は本当に点が欲しい時に決めてくれます。

この1点で気持ちが楽になってくれれば、土曜の東京FC戦も期待出来そうです。

 

後半19分 課題ある一連の守備とスンテさんナイス

先制点を取った直後の守備に不安を感じました。

画面では誰なのか確認できなかったのですが、クリアすべきボールを空振りしたことで、ピンチを招いていました。

続いて、相手のFWがペナルティに入ってきた時にも、1対1で山本が抑えきれず、かなり強いシュートを打たれていました
PKにならない守備が必要なことは判りますが、もう少し身体の寄せ方を工夫すれば、シュートを打てない体勢に出来るのではないかと思いました。

勝手な要望ですが、もう一度CWCの舞台を目指すなら、それくらいは出来るようになれないと勝ちあがれないように思います。

スンテさんが冷静に弾いてくれたので助かりましたが、失点してもおかしくない一連の流れだったと思います。

 

ゼロックスでの2失点目も、土居の軽率なクリアからサイドを抉られ失点しました。
今回も、誰か不明ですが空振りからピンチを招きました。
もう少し、確実なプレーをして欲しいと思います。

 

後半36分 優磨、上手い!

見事なシュートでした。
相手とボールの間に絶妙に身体に入れて、低く抑えたシュートでした。

昔、ジーコ『シュートはゴールへのパスだ』みたいな事を言っていたと思うのですが、それを実践するようなシュートでした。

 

後半38分 土居、PK貰える動きを・・・

ペナルティ内で後ろからど突かれたように見えたのですが、PKには成りませんでした。

浦和に行った彼を真似しろとまで言いませんが、
もう少し演技力を磨いても良いのかな?と思いました。

 

試合後の感想

韓国チームのプレースタイルを理解するまで、前半は苦労しているように見えましたが、まあ、負けそうな匂いは試合中に漂ってきませんでした。
しっかりと守り、チャンスを活かして点を取り、時間を進めて勝つ!
よく知っている鹿島の姿が今日も見られたと思います。

 

新戦力・レアンドロについて

今日の試合の一番の目玉はレアンドロだったと思います。
おそらく、Jのチームの偵察部隊も来ていたのではないでしょうか?

今回の試合を終え、ネットではどちらかというと低評価が多いです。
たぶん、その低評価は前半終了間際の無様なプレーが原因だと思います。

ですが、私的には低評価とは思えませんでした。

前半、明らかに鹿島は押されていました。
その苦しい時間帯に攻める糸口を作っていたのは、レオとレアンドロのサイドだったように思います。
基本であるパス&ゴーもしていたし、右のハーフとして役割は十分に果たしていたように思います。

問題があるとすれば、

  • レアンドロがどういうプレーをするのか?
  • どの位置でパスが欲しいのか?

それをレオ以外の人間がまだ良く理解出来ていないように思えた点です。

 

少なくとも、献身的に前から守備をする姿勢は、鹿島でプレーするには大切な要素なので、この点をクリアしているだけでも今は十分かな?と思います。

あと1~2ヶ月プレーすれば、鹿島の中盤に欠かせない選手になる可能性はあると思うのですが如何でしょうか?

 

中村さん 出場機会が減るよ・・・

中村さんの持ち味って何なのでしょうか?

昨日のプレーを見ながら、ずっとそれを考えてました。

何でもそつなく出来て、上手い人だと思います。
ですが、『中村だからこそ』というプレーを確立しないと、今年のメンバーの中では埋もれていきそうな気がしてなりません。

 

永木とレオ・シルバは合いますね!

試合前は心配していた2人の連携に問題はなかったですし、2人揃って釣り出されることもありませんでした。
今年の鹿島は、この2人が試合をコントロールするのだな、と改めて実感しました。

あとは三竿(弟)が、この2人とどう絡めるのか見たいですね。

 

次はいよいよJリーグの開幕戦!

今週土曜(2/25)、ついに2017年度のJリーグが開幕します。

ACLは確かに獲りたい。
ですが、今年のリーグの賞金と配分金は規格外です。
来年以降も継続してチームをレベルアップするために、絶対に必要な『金』です。

 

初戦の相手は、FC東京です。
あの大久保さんいるし、太田も戻ってきたし、かなり不気味な存在です。

ゼロックスとACLを戦った結果を踏まえ、
どのようなメンバー開幕戦に望むのか、石井さんの采配に期待しています!

 

・・・開幕戦は、『赤』着るんだろうね?

 

おすすめの鹿島アントラーズブログランキングはこちらへ

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク