lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


未破裂脳動脈瘤と闘う ~開頭クリッピング手術の手術時間と後遺症、入院期間と費用について~



私の頭に見つかった『未破裂脳動脈瘤』とどう向き合うべきか、しばらく悩んだ結果、私は積極的な治療(手術)を施して、治すことを決意しました。

決意してから悩んだのは、その治療法の選択です。

色々と悩んでいた時期、意外と冷静に比較表とか作りながら考えていたので、それらを簡潔にまとめてみることにしました。

 

未破裂脳動脈瘤の治療法(手術方法)としては2つ!

なんどかこのブログでも書きましたが、手術法としては2つあります。

  • 開頭クリッピング手術
  • 脳動脈瘤コイル塞栓手術

各地の病院を巡ると、殆どの医師が開頭クリッピング手術を勧めてきました。

今回の記事は、開頭クリッピング手術についてまとめます。

 

開頭クリッピング手術について諸々知りたかったこと

色々と知りたいことがありましたが、実際に手術を受けると決めてから、
自分が知りたくなり、メモしならが比較していたことを列記します。

以前の記事で書いた内容と、一部重複していると思います。

 

開頭クリッピング手術のメリット

きちんとクリップが掛かりさえすれば、再発の可能性はまずなく、再度、手術になることは少ないです。

頭を開けて手術するため、術中に動脈瘤が破裂しても対処がしやすいです。

 

開頭クリッピング手術のデメリット

頭蓋骨を約10センチ程度開けるわけで、かなりの恐怖感がある。

術後の入院が10日前後、その後の自宅療養が2週間程度必要。

手術なので、死亡や後遺障害が残る可能性は当然ある。

 

開頭クリッピング手術の痛みは?

これは、最後の最後まで、恐れていました。
正直、出費よりもこちらの方が数万倍気になった・・・。

 

医師の見解 ~開頭クリッピング手術の痛み~

多くの医師の見解は・・・『もちろん痛い』です。
ただし、
『麻酔や治療法が発達しているので、転げまわるような痛みにはなりません。』
とも言われました。
それから、『頭皮には痛みを感じる感覚が殆ど無い』
とも言われましたが・・・本当かな?

 

体験者の実感 ~開頭クリッピング手術の痛み~

おおむね、医師に言われていたことは合っていました。
心配ありません。まあ、痛いけど、大丈夫!

健康診断で、下手な看護師に採血される方が、痛いと思いました。

麻酔が切れた瞬間に、激痛に襲われることもなかったです。

麻酔が切れた後、ぼんやりとですが、ICUで医師や看護師、それと家族と会話した記憶もあります。内容は覚えていないけど、嫁さんが泣いていたのは記憶している。

その夜も、特に苦しかった記憶はないですね。ウトウトし続けてた。

その後は、日に日に良くなっていくのを実感しました。
歩けるようになるし、トイレにも行けるし、腹は減るし!

ただし、身体を横にすると頭に血液や体液が多く流れ込むため、
切ったところを中心にズキズキとした頭痛が酷くなり
痛み止めと睡眠薬なしでは、10日間位は寝れませんでした。

 

開頭クリッピング手術の手術時間は?

これは、未破裂脳動脈瘤のある部位によって様々です。

サイトによっては、2時間から6時間程度と書いてあります。

terumo-kumomakka.jp

 

ただし、多くのサイトで書いてある時間は、
その書いてある時間が手術のどの部分を指しているか明確ではありません。

 

私は、前交通動脈に5ミリ弱の動脈瘤がありました。
術前の打ち合わせでは、先生は6~7時間程度と考えてくださいと言われました。
私が、『先生、長時間ですがよろしくお願いします』というと、
先生は笑いながら、『いや、私が担当するのは3時間程度ですよ』と言うのです。
私が、『え???』と途惑っていると、さらにこう言いました。

  • 『頭皮を切り、頭蓋を開けるのに1時間程度』
  • 『私がクリップを掛けるのに3時間程度』
  • 『クリップ後に頭蓋を閉め、筋肉や頭皮を縫うのに2~3時間程度』

『最後は美容的観点で時間がかかるのです。痕が極力残らないように、丁寧な作業が必要なので時間が掛かります』
そう、説明してくれました。

つまり、手術時間が7時間程度と言われても、
頭の中をゴソゴソするのはその半分という事です。

 

ちなみに、私の手術は色々と起きたため、結局、10時間近い手術になりました。
その話は、後日、まとめたいと思います。

 

開頭クリッピング手術の入院期間は?

どの病院でも、通常は1~2週間で退院できますと言われました。

『あなたの年齢(40代)なら回復も早いので、1週間でも大丈夫かもしれません。』
とも言われました。

一番、乱暴な回答は次のような台詞でした。
『脳外科医的には、5日程度で通常生活に戻れるけど、念のため1週間は入院して貰いますね!』
※注意 これはダメ医者の例ではありません。
それくらいの手術だから気にしないでね。という話の中で出た台詞です。

 

ちなみに、私は12日間で退院しました。
これは、想定よりも長い手術時間となって、身体に負担が掛かっていたためです。

実際、私の隣に入院していたおじさんは、8日目に退院していました。
2週間の入院とかは、余程の事が無ければ、ないそうです。

www.sk-kumamoto.jp


一番下のQ&Aの6番目に記載あります。
この済生会熊本病院のHPは、未破裂脳動脈瘤のことを色々と勉強した時に、とても見やすかった印象があります。

 

開頭クリッピング手術の社会復帰までの期間は?

この質問に対する医師の回答は、『幅』がありました。

究極、先の入院期間でも書いたように、
1週間もしないうちに通常の生活は出来るので(もちろん痛みはある!)、
1週間で職場復帰も出来ます。

出来ますが、そんな状態で戻っても周囲も困るし、仕事の内容も低くなるし、良いことはありません。

医師たちの話をまとめますと、以下の通りでした。

  • 驚異的な回復力の人は、退院後1週間で働いていた人もいます。
  • まあ、一般的には早く戻る人で退院後2週間
  • 多くの方が、この際という事で、1~2ヶ月は自宅療養してますよ。
  • 必要なら書類を書きますよ!

というものでした。
私は、「まあ、1ヶ月で戻れればいいや!」と思っていましたが、
手術の影響が結構残っていたので2ヶ月休みました。
会社からも、気にしないで治してから来いと言われたのは幸いでした。

 

開頭クリッピング手術の費用は?

費用・・・、医師に聞いてもこればっかりは判りませんね。
実際一人の医師に尋ねてみたら、
『すいません。把握して無いのです。』と言われました。

金額を聞くのは、通常は病院の受付周辺に設置されている、
『医療相談室』とか『医療連携室』とかで尋ねると良いと思います。

 

さて、気になる費用ですが、せっせとメモした記録を見返すと、

手術だけで2,000,000~3,000,000万円になり、
その3割負担と考えると、600,000~900,000円となる。
さらに、食事代(1食500円前後)と必要なら差額ベット代が入院日数分掛かる。
幅が大きいのは、入院日数等による違いです。

下記のサイト(PDF)では13日間で1,800,000円だったと紹介してます。
ちなみに、3割ならば540,000円です。

気になる手術費用と医療費の仕組み NTT東日本

 

医療保険は使えるのか?

使えました。
頭を開ける手術ですので、問題なく適用になりました。
しかも、手術給付金の掛け率が高かったです。

 

高額医療制度は使うべし!

3割負担でも高いので、とにかく高額医療制度は使う!

www.mhlw.go.jp

 

詳細の調べ方は簡単です。

  1. 自分の持っている健康保険証を見て、健康保険組合の名前を確認。
  2. グーグルさんを開いて、検索の窓に・・・
  3. ●●●健康保険組合 高額医療制度 と入力して検索

これだけです。直ぐに見つかります。
あとは、ざっと読んで電話!
電話して、自分がどうすれば良いのか聞くこと!
難しい話は、専門家に聞くのが一番だと、この闘病を通じて学びました。
自分でも多少は勉強する必要がありますが・・・。

 

開頭クリッピング手術の後遺症の可能性は?

この疑問点は、
人によっては気になる人もいるでしょうし、
気にならない人もいると思います。

私の場合は、どちらかと言えば前者でした。
気になりました。
とても悩みました。

極論ですが、思い余って医師にこんな事まで言いました。
『万一、重い後遺症を患って嫁さんを苦しませるのは困る。
後遺症を残す位なら、手術中にひとおもいにバッサリと殺ってくれ!』

今、思い出すと、ずいぶんと失礼な事を言ったものです。
それでも先生は笑顔で、
『わかりました。でも、残念ながら、今までそうなった人はいませんね』と言ってくれました。

 

そんなことを言っていた私が言っても説得力が無いかもしれませんが、
それでも言います。
『無視しましょう!』
だって、どうにもなりませんもん!

  • 自分の命を託すために
  • 必死に病院を巡り
  • 腕もよく
  • 信頼も出来て
  • 相性の良い医師を探した

訳ですから、あとはもう任せましょう。

大切なのは、『どんな症状が、どの位の割合で起きるのか?』
それを、医師が、自分の口で話して(説明して)くれることだと思います。
だから、遠慮なく、不安や恐怖や思うことを、ぶつけて良いと思います。

 

多くのサイトの中では、下記の近畿大学医学部脳神経外科が、
一番ストレートに後遺症や合併症のことを書いてありました。
結構、露骨な表現です。読んだらそのまま自分で消化しようとせず、
担当医にぶつけると良いと思います。一人で抱えるのは辛いもの・・・。
下記サイトの中程に、『開頭による脳動脈瘤クリッピング術の合併症について(約5%)』という小見出しがあります。

www.med.kindai.ac.jp

 

まとめ

今回は、手術を受けようと決めた後に、
2つある未破裂脳動脈瘤の手術のうち、『開頭クリッピング手術』のことを、
色々と調べ、メモったことをまとめてみました。

 

次回は、『未破裂脳動脈瘤と闘う ~脳動脈瘤コイル塞栓手術の手術時間と後遺症、入院期間と費用について~』です。

 

↓色々な病気と戦うブログランキングはこちらへ!

病気ブログランキング

 

↓応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク