読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


未破裂脳動脈瘤と闘う~造影剤を受けるべき前にしるべきこと~



前回の記事では、
造影剤撮影を受けることになった経緯と撮影終了までの流れ」をまとめました。

今回は、本来、造影剤検査を受ける前にそのメリットやデメリット(副作用や後遺症)をきちんと調べるべきだったのに、億劫がって不勉強のまま受けてしまい、受診後、副作用が自分の身に起きてから、慌てて色んなサイトや本で調べた際に副作用を発症した人間として、自分が感じたことや考えたことを記事にしてみました。

 調べた内容を、自分は忘れやすい性格なので後で思い返す時のためと、
私のように突然、「造影剤検査を受けなさい。」と、言われて戸惑っている人に、ちょっとでも役立てばと思いまとめてみました。

長くなってしまったので、目次を付けておきます。

 

造影剤を受ける前に欲しかった情報とは何か?

今回の記事をまとめるにあたり、自分が初めての造影剤検査を受ける前に、欲しかった情報はなんだろうか?と考えてみました。

世の中の多くのサイトには、造影剤の細かい種類を紹介したり、副作用の事をこれでもかと書いてあるサイトもありますが、初めて造影剤を受ける前の自分が、知りたかった事はもっと単純だった様に思うのです。

そこで、前半はとてもシンプルな疑問と答えを載せ、後半はより詳細な内容を載せる、2段形式にしてみました。

 

(前半)最初に欲しかったシンプルな情報

突っ込んだ数値は後半にまとめるとして、前半では初めての受診前に、
自分が漠然と疑問を感じたり不安を感じつつも、
聞いたり調べたり出来なかったシンプルな問答集を目指してみました。

 

CTとかMRIってそもそもどんな検査なの?

X線を利用して撮影するのかな?
MRIの方が精密なのかな?

位の認識しか私にはありませんでした。

ネットでCTとは?MRIとは?などと検索すると、山ほどサイトが見つかります。
病院関係のページから一般の方の詳細なブログまで、本当に多種多様なサイトが多いのですが、私にはどうも難しすぎるサイトが多すぎて理解に苦しんでいました。

もっと、簡単で判りやすいサイトはないのかと探した結果、見つけたのが、下記のサイトです。凄く判りやすいサイトで、内容もシンプルで、一発で理解できました!

www.mri-jindai.com

 

他に、下記サイトも役立ちましたのでご紹介しておきます。

www.sendai-roic.or.jp

 

CTやMRIの費用は高いの?

造影剤なし』なら1万円を握り締めていけば大丈夫。
造影剤あり』なら2万円あればお釣りが出るはずです。

具体的には私が払った費用の平均は以下の通りです。

  • CT撮影が6,000円程度、造影剤ありで10,000円程度。
  • MRI撮影が8,000円程度、造影剤ありで12,000円程度。

 

副作用があると聞いたが、どの程度なの?

この疑問も、ネットで『造影剤 副作用』などと検索すると、わんさかサイトが見つかります。でも、どれも詳しすぎて、造影剤を初体験前の、理由も無く何となく怯えてる私の気持ちには、ヒットしませんでした。

そこで、あの頃の自分が欲しかった情報を、今の自分なりにまとめてみました。

  • 軽い副作用の可能性はインフルエンザワクチン接種の方が多い
  • 重篤な例は造影剤の方が多いが、アレルギーや持病がなければまず心配ない
  • 軽い副作用の種類は以下の通り。
    →吐き気・嘔吐・頭痛・発疹・かゆみ・発熱・くしゃみせき
  • 不明な点は、受ける前に聞くこと!
    説明を面倒くさがる医師や検査技師の所では受ける必要なし!!
  • そんなに心配しすぎるな。

私、個人の考えなので、違うかもしれませんが、最初に受診する前の不安な気持ちには、これで十分だった用に思います。 

 

どうやって造影剤を投与するのか?

腕の血管に針を刺して注入します。点滴のようなイメージです。
自動注入機という機械で、コントロールされていました。

 

注射針が痛いと聞くが?

会社などで受診する、健康診断時の血液採取用針よりは、造影剤注入用の針は太かったです。ですが、必ずしも痛いとは限らなかったです。

過去に5回受けていますが、結果は以下の通りです。

  • かなり痛かったのは1回
  • ちょっと痛かったのは2回
  • 健康診断の採血より痛くなかったのが2回

多分、看護師の技量によるのではないでしょうか?

痛かった時の1回は、マジで痛くて・・・涙が出ました。

 

造影剤を注入されるとどうなるの?

腕から注射で注入した場合、以下のような症状が出ます。
ただし、検査終了前にはほとんど消滅していました。

  • 身体全体が熱をもつ。
  • 身体の一部に痛みを感じる。
  • 身体全体、または一部がだるくなる。
  • 妙な臭いがする。
  • 視界が点滅する。

多分、熱くなるか、微妙に痛みを感じるのが一般的ではないでしょうか?
私が最初に受けた際の顛末は、前回の記事にまとめています。

 

また、手術を決めた後に行う、カテーテルを挿入する脳血管撮影検査で起きる症状は、CTやMRIの症状とはかなり異なりました。詳しくは後日まとめます。

 

造影剤を受けた後に仕事は出来るのか?

出来る。やりたくはないけど・・・。
ただし、慣れないことで身体が疲れているし、軽い副作用はかなりの割合で発症するので、休んだ方が無難である。

 

車で行っても大丈夫?

大丈夫。
ただし、上でも書いたように慣れないことで身体が疲れているし、軽い副作用はかなりの割合で発症するので、公共交通機関で行く方が無難である。

私は近所だったので歩いていきましたが、歩けない距離でも車で行く気はありませんでした。
実際、看護師さんは車では来ない方がいいですよ!と言ってました。

 

以上が前半のシンプルな問答集となります。
造影剤検査を受けることが決まった後で、とにかく簡潔に知りたかった内容をまとめました。
人によって、知りたい事の違いはあると思いますが・・・私はこんな感じでした。

 

続いて、後半に移ります。

 

(後半)実際に造影剤検査を受けてから調べたことや利用したサイト

初めての造影剤検査を受けた後で、自分は不運にも副作用の反応が出てしまいました。

自分の頭に見つかった未破裂脳動脈瘤を、手術で治すにしても、または経過観察とするにしても、この先、造影剤検査は何度も受ける事になる避けて通れない道と医師に言われたので、遅ればせながら自分でも真剣に調べてみました。

調べて身についたことの記録と、その時に利用したサイトをまとめてみました。

 

造影剤ってそもそも何ですか?

検査を受けておいてなんですが、良く判ってなかったので、調べてみました。

色々なサイトを覗いた結果、私にはWIKIさんの解説が判りやすかったです。

造影剤(ぞうえいざい)とは、画像診断の際に画像にコントラストを付けたり特定の組織を強調して撮影するために患者に投与される医薬品である。組織そのものの写り方が変わるのではなく、生体組織とは写り方が大きく異なる物質を取り込ませることで、画像上その組織の写り方が大きく変化したように見えるのである。つまり、例えばX線を用いた撮影においてはX線をよく遮蔽する物質が使われる。いずれにしても生体に与える副作用の少ない物質が造影剤として選ばれる。

造影剤 - Wikipedia

 

色々と調べているうちに、
もしかして、毎年受けている胃のバリウム検査も造影剤検査なのでは?
と思い調べてみると、『バリウムも間違いなく造影剤検査』でした。
正式名称は硫酸バリウム造影剤と言うそうで、実は、バリウム検査にも副作用があるそうです。
ただし、硫酸バリウムは消化管に吸収されないため、バリウムそのものが副作用を起こることはまずないそうです。

では、なぜ副作用があるのか?

それは、バリウムを薬剤として製造するときに使用した物質のいずれかが、服用した人の身体に合わないと、副作用反応が起きるそうです。

バリウムについての詳細は、下記リンク先で勉強しました。

バリウム造影剤を使用する検査 | 造影剤の種類・副作用症状の知識

造影剤って何?~バリウム編~ | ラジオノート


しかし、毎年の健康診断で副作用の注意を受けた記憶は無いけどなぁ。

 

とにかく、血管内の撮影にしろ、消化管内の撮影にしろ、
撮影する体内組織を写り易くして、通常とは違うサインを見逃さないようにする物質。
という認識で間違いはないようです。

 

撮影にどうして造影剤を使用するの?

この疑問も、色んなサイトを探したときに、
とっても判りやすいサイトがありましたので、引用して紹介します。

造影剤は、当然ですが、見えないものを見えるようにするために使います。そして重要なことは、もともとある画像情報に加えて、新たな情報を付加することが出来る、ということです。造影剤を体内にいれると、造影剤が到達した部分は、画像上に何らかの変化がおこります。この変化をとらえるためには、各画像診断装置の特性にあった造影剤を選択する必要がありますし、逆にまた、造影剤は、その目的を遂げるように工夫して作られています。

www.daiyukai.or.jp

 

『見えないもの見えるようにするために使う』
私にとっては、これだけで十分でした。
そのために、必要な薬剤を使う。
そして、その薬剤は出来る限り副作用が少ないものを使用する。
そう理解すると、造影剤を使うことを、ストンと納得出来ました。

 

造影剤にはどんな種類があるの?

先ほど、バリウム検査も一種の造影剤検査だと書きましたが、一口に造影剤と言っても様々な種類があります。

検査の部位、検査に利用する器具によって、使用する造影剤の種類も異なります。
CTとMRIで使用する造影剤だけでなく、経口で摂取するタイプの造影剤のこともまとめて説明しているサイトがあって、素人が理解するのに便利なページがありましたので、そちらを紹介しておきます。

(下記のリンク先はPDFです。)

http://www.mito-saisei.jp/pdf/zoueizai.pdf

 

上記も含め、色々なサイトを読んで理解しようとしましたが、どうにも私には難しいことは理解できず、最終的に下記のように要約して覚えました。

  • CTの時は、ヨード系造影剤を使用する。
  • MRIの時は、ガドリニウム造影剤を使用する。
  • どちらも、基本おしっこと一緒に体外に排出されるので、
    出来れば受診前にも水を飲み、受診後は更に積極的に水を飲む!

 

ヨード系造影剤、ガドリニウム造影剤、違いは何ですか?

これは、前半の「CTとかMRIってそもそもどんな検査なの?」で紹介したリンク先に記述があるように、撮影の原理の違いが、使用する造影剤の違いになっているそうです。
こちらのリンク先を参照してください。

MRI・CTの違い | 調布市・府中市・狛江市|MRI・CT・マンモグラフィ・検診|つつじヶ丘神代クリニック


私は以下のように覚えました。

  • CTは撮影にX線を使用するので、放射線を透過しにくい液体であるヨード系造影剤を注入し、撮影したい箇所の血管等をよりはっきりと写す。
  • MRIは撮影に磁気を使用するので、金属物質であるガドリニウム液を注入し、金属を磁気に反応させることでより鮮明に写す。

医療関係に従事する訳でない一患者としては、
この程度の理解で十分だと思うのですが・・・。

 

造影剤は何時間位でおしっことして排出されるの?

実際に検査を受けた際に聞きました。

前提は、腎臓の機能が正常であることです。

  1. 3時間で6割程度
  2. 6時間で8割程度
  3. 24時間でほぼ全て

が流れ出るそうです。

そのためにも、しっかりと水分を摂るように言われました。

 

造影剤を使うとなぜ身体が熱くなったり、痛くなったりするの?

検査技師の人が話してくれた内容が判りやすかったのでまとめます。

『熱を持つ理由は、身体が造影剤を中和しようとする結果です。血管内に通常は存在しない液体が混入したので、身体は必死に血管内に水分を送り込み、中和しようとします。送り込むには血管の膜を浸透するので、その際に熱が発生すると考えてね。』

『痛みを感じる理由は、造影剤は言ってみれば毒物なので身体が拒否反応を起こすためです。異物を退治する身体の働きが、血管の壁を傷つけ痛みを感じるのです。』

色んなサイトを読みましたが、
同じように書いてあるサイトはありませんでした。
なので、正しい案内なのかは判りません。ただ、素人の自分にとっては理解しやすい話しだったので、掲載しておきます。

病院のHPや色んなサイトには、
『基本的には、血管の正常な反応なので心配ない。』
と記載していることが多かったです。

 

造影剤撮影による副作用とは?

前半で、軽い副作用の種類は書きましたが、
改めて重篤な場合と最悪のケースも記載します。

 

  • 軽い副作用
    ほとんどのケースでは治療を必要としない。
    吐き気、かゆみ、発疹など。
    検査後に現れる副作用の殆どが、この軽い副作用である。

下記、リンク先の下部に「CT造影剤による副作用報告で多かった症状」という表があります。
軽い副作用には様々な症状がありますが、

主にどのような症状が、どのような確率が発症するのかが、紹介されている表です。

「CT造影剤副作用への危機認識、分析踏まえて個人差なくす」

  • 重度の副作用
    呼吸困難、血圧低下、意識障害など。
    治療・入院、または手術が必要となるが、起きるのは本当に稀である。
  • 最悪の副作用
    死亡。全く無い訳ではない。
    この表記があるから、造影剤は怖いとなるのだが、
    既往症や持病、特別なアレルギー体質で無い限り、まず起きないと考えてよい。

 

実際に造影剤の副作用が起きる確率は?

これが一番気になるところではあります。
私も、受けた後で実際に副作用を体験した直後は、あせってネット上を調べ回り、自分が受けた副作用よりも更に恐ろしい重篤な副作用があることを知って、その確率を一人意味の無い計算(交通事故に遭うとか隕石が落ちるとか・・・)をする毎日でした。

冷静に考えますと、実際に造影剤検査を受ける患者側が知りたいのは、

  1. どれ位の確率で副作用が発生するのか?
  2. 軽い副作用の発症確率はどの程度なのか?
  3. 重篤な副作用の発症確率どの程度なのか?
  4. そして死亡率はどの程度なのか?
  5. CTの造影剤の方は副作用が出やすく、MRIの造影剤の方は安全と言われているが、どの程度の差があるのか?

色々と上記5つの点を調べましたが、
どの病院関連のサイトに記載されている発症確率は大体同じ数値でした。
その上、CTとMRIの2つが簡潔にまとまっていて、かつ発症率を比較しやすいページがが中々見つからずなくて苦戦しました。

自分が知る限りは、下記の病院のサイトが、CTとMRI両方の事を、判りやすく同じ書式でまとめていましたので、引用させてもらいます。

  • CTの造影剤による副作用

1)軽度の副作用(頻度50から100に1人)
発疹、掻痒感、紅潮、吐気、嘔吐、熱感、頭痛など。
2)重篤な副作用(頻度2000から3000に1人)
アナフィラキシーショック、呼吸困難、急激な血圧低下、心停止、意識消失、肺水腫、腎不全、痙攣など。
3)死亡(頻度10万に1人)
非常にまれ。
4)遅発性副作用(頻度50人に1人)
造影剤投与後より1時間から数日後に頭痛、悪心、発疹、掻痒、蕁麻疹など。

  • MRIの造影剤による副作用

1)軽度の副作用(頻度100から200に1人)
発疹、掻痒感、吐気、嘔吐、頭痛、熱感など。
2)重篤な副作用(頻度10万人に1人)
ショック、アナフィラキシー症状、痙攣、呼吸困難など。
3)死亡(頻度100万人に1人)
極めてまれ。

引用元:旭川医科大学病院
CT造影検査を受けられる方
MRI検査を受けられる方へ
Untitled Page

 

上記から判ることは、次の2つです。

  • 軽い副作用はかなりの確率で発症するが、重篤な副作用は稀だということ。
  • CTの造影剤による副作用の確率は、MRI造影剤での副作用確率の約2倍

同じ病院の見解で、かつ同じ書式でまとめてあるのは他に見つけられませんでした。

 

副作用発症リスクを抑えるためにすべき5つのこと

造影剤の副作用の確率をどんなに検証しても、しょせん確率でしかなく、自分のように副作用が起きた人間にとっては、確率としては何万分の一、何千分の一の確率だとしても、起きてしまえば当人には一分の一でしかありません。

とはいえ、副作用の確率のことはやっぱり気になるので、色んなサイトを見ることは気持ちを落ち着かせるためには役に立つと思う。

その上で、私たち造影剤検査を受ける患者の心構えによって、造影剤副作用の発症確率を下げる事が出来るのであれば、リスクを減らす努力を私たちはすべきと考えます。

以下、自分が最初の造影剤受診後に心掛けている5点です。

  1. 受診前に自身のアレルギーを細かく伝えること。
  2. 喘息の経歴や腎臓障害など、気になる全ての過去・現在の病気を伝えること。
  3. 造影剤受診前に1~2杯の水を飲むこと。
  4. 造影剤受診後に水を普段より多めに摂ること。
  5. 受診中・直後、当日夜、少しでも気になる事があったら、直ぐに伝えること!

もしも、友人や会社の同僚等に、今度検査で造影剤を受けるんだけど・・・、
と相談されたなら、上記5点の心得をしっかり守るように伝え、
あとは心配しすぎず受けるようにと、安心させてあげることを心掛けたいと思います。

だって、副作用の事をかいていあるサイトを読めば読むほど、不安が増すから。

 

次回は、『造影剤撮影後、私に起きた副作用!』です。

 

↓色々な病気と戦うブログランキングはこちらへ!

病気ブログランキング

 

↓応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク