読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


未破裂脳動脈瘤と闘う ~何も考えずにMRIを受けるな~



きっかけは熱中症!

 2015年5月末、夏と言うにはまだ少し早い時期だったが、炎天下の中を1日中運転をしていた。東名高速が混み、日に照らされ、知らず知らずに身体から水分が蒸発していった。そして案の定、熱中症状態に!

 必死の思いで自宅へ戻り、水風呂に浸かり、ひたすら寝続け、翌日なんとか会社へ出社したのですが・・・全く使い物になりません。あまりに気持ち悪い上に頭痛が酷かったので、近所の小さな内科へ行きました。

診療してくれた先生は、熱中症で頭痛が・・・と言う私の訴えを聞くと「血栓があるといけないから念のためMRIを撮ってきて」と言われ、とりあえず私も指示されるがままにMRI・CT専門のクリニックへ向かいました。

MRI撮って何が起きるのか?全く考えていなかった。

本当に何も考えてなかった。

待合室で待っている間、

MRIって確か海堂尊の「チーム・バチスタシリーズ - Wikipedia」に出てきたガンガン魔人だったけかな?。本当にすごい音がするのかな?

なんて、今思えばアホみたいに平和ボケしたことを考えていたのでした。

 

未破裂脳動脈瘤が見つかってから慌てることに

MRIを撮影し、翌日、クリニックを訪れると、医師が怪訝な表情で座っていました。

「なんだろう?」「やっぱり血栓でもあったのかしら?」

程度にしか考えていなかった私に、医師は、、、

「撮影後に何か言われなかった?」

と聞いてきました。

「特に何も言われてません」

と答えると、

「そう。実は脳血管に瘤があるようなの。脳動脈瘤って判る?」

・・・ここから先、正直、どんな会話をしたのか覚えていないのです。

もう少し、予備知識があれば、いや覚悟があれば違ったのかも知れませんが、

正直言って、、、「ポカーン」でした。

 

次回『これからMRIを受ける、または受けるかもしれない人へ伝えたいこと』です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク