読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lands_end’s blog

未破裂脳動脈瘤と闘い、コーギーに癒され暮らしてます。本好き歴史好きサッカー好きの40代の徒然日記です。

スポンサードリンク


遁げろ家康を読んだ!



遁げろ家康(著:池宮彰一郎/朝日文庫)を読んだ!
2回目の読破だ。

(粗筋)
物語は、今川家に奴隷同然の人質として扱われていた「元康時代」から話は始まる。
最初は、桶狭間にいたる今川側からの視点が結構面白い。
桶狭間後、隣でのし上がってきた「恐ろしい男・信長」の言いなりとなって、朝倉攻め浅井攻めと働きまくる「家康」
武田が攻めて来た時は、ろくな助けも寄越してくれない信長を裏切らず、死の恐怖で脱糞までしたのに、信長についていく「家康」
武田を滅亡させ、ようやく一息ついていた頃、信長に招かれ上京する。その都で起きた本能寺の変で、やはり死ぬ思いをしながら、必死になって国に遁走する「家康」
成り上がり者の秀吉に、素直に従えない「家康」
秀吉没後、欲をかきすぎた家臣と己の慢心によって、天下分け目の合戦に出ることになった「家康」
天下人となったが、胸に秘めた思いを誰にも話すことが出来ず、悶々と暮らす「家康」
そして、没後、にされる「家康」

「家康」という人の一生を、まるで友人の一生のように描いた一冊。

(感想)
本当にこの本は大好きだ。
この本ほど、読みながら何度も噴き出し、登場人物達(歴史上の人物)をとても身近に感じられる本は無いと思う。その全ては、家康の「ぼやき」、、、「つっこみ」かな、、、がもたらしてくれる。『―(この傍線の後が)いつも家康の呟き』

信長に無茶ぶりされると、、、―おいおい、またかよ!
秀吉に臣従を迫られると、、、―大阪行ってたまるかよ!行けば、殺されるよ!!
関が原前後では家臣に、、、―こいつら、どこまで欲深かなんだよ!
こんな風に(正確ではないです)、最高(笑)に「家康」が突っ込んでくれます。

この本を読むまでは、正直言って、あまり家康は好きではなかった。ただのタナボタを目ざとくゲットしたジジイくらいにしか思ってなかった。
だから、例えば信長の野望シリーズなどといったゲームをする時には、絶対に家康は選ばない。戦って配下にしても、あまり嬉しくない。今まで得た私の「家康像」は、歴史好きの私の心をくすぐる者ではなかったから。

しかしだ!
この本を読んで一変した。本当に、この本の通りの人物だったのかはさておき、確かにこんな一面もあったかも知れないと思わせてくれる、作者の技量に感謝です。
初めて出会った「人間・家康」に、もの凄い親近感を感じ、それ以降は他の本やテレビで出て来たときや、ゲームで見かけたときにも、思わず、「ニヤッ」として、そしてこう呟いてしまう。「よう!今日もぼやいてんのかよ!!」

家康に対して、いま一つ魅力を感じられないんだよなぁ~。という人がいたら、直ぐにでも読んでください!この本を読む前と後では、歴史小説の面白さが全然違います。
歴史上の人物が、頭の中で、楽しげに勝手気儘に呟きを始めるでしょう!

最後に、ここには書きませんが、この本は最後の最後まで愉しませてくれます。
「家康」が死に、葬儀が行われ、物語が終わる。そして最終ページを読み終えて、ページをめくると、、、最後にもう一度「家康、渾身のつっこみ」が・・・。
最高です!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク